無職のアラフォーがバイト求人に応募した結果

物価高により生活が苦しいので、アルバイトに応募してみました。

結果発表

いきなり結果から書きますが、不採用でした。

この人出不足時代になぜ不採用になったのか、敗因を分析してみます。

アルバイト条件

応募したのは以下の募集です。

■職種:ホテル清掃
■時給:1,150円
■勤務時間:1日に4時間
■勤務日数:週1日から可
■家から徒歩10分

家から近いうえ勤務時間も短く、昼過ぎには終業するため、暇つぶし程度に働きたい私にうってつけの条件でした。

敗因1:女性中心の職場

当該職場で働くアルバイト社員は女性20人に対して男性1人のみだそうです。

そのホテルでは女性客に不安を与えないため、女性スタッフを多く雇っているとのことでした。

これが不採用理由の8割ぐらい占めると思います。

敗因2:職歴スカスカ

2013年末に正社員を辞めて以降は年に数カ月程度しか働かず、コロナ禍の2年間(2020年~2021年)に至っては1分たりとも働いていないため、ここ10年間の職歴は空白だらけです。

少しは触れてくれるかと思いましたが、一切ノータッチでした。

敗因3:勤務曜日

面接者曰く

今回は土日中心に出勤していただける方を募集しています
とのことでしたが、土日は妻と過ごす日なので
土日ですか…まあ出れなくもないですけど…

というテンションで答えておきました。

つい正直に返答してしまいましたが、「土日は必ず出ます!」ぐらい言っておけば真っ白職歴やジェンダーディスアドバンテージを挽回できたかもしれません。

今後の展望

ということで今回は

・男性採用に消極的だった可能性が高い
・職歴スカスカの私が悪い
・希望曜日のミスマッチ

といったあたりが不採用の主な理由として考えられます。

とりわけ男女比のミスマッチでほぼ決まった気がします。

求人広告に「女性活躍中」とか書いてあれば応募前に察するのですが、今回はそういう隠しメッセージがなかったため、オッサンなのにうっかり応募してしまいました。

今回はダメでしたが、今後も家チカ、時短で、そんなにきつくなさそうなバイトがあれば積極的に応募していく所存です。

ベトナム生まれの妻は日本で働いています→帰国子女マルチリンガルが日本の就活で苦戦した理由

Xで最新情報

Xアカウントは@MiyauchiKengoAです。

著書紹介

2022年11月にKindle本を出版しました。

Amazon 売れ筋ランキング(無料本)
✔海外旅行ガイド部門1位獲得
✔歴史・地理部門1位獲得

住んでわかったカオスで面白いベトナム

Amazonボタン

自己紹介宮内健吾Ⓐ、29歳の時に資産たったの1500万円でセミリタイア。

少々の労働収入と投資収入でベトナム生活を満喫していたところ、コロナ禍で仕事を失い暗転。

詳しくはプロフィールをお読みください。