ローカルバスでプランバナン・ボロブドゥールに行く方法

2019年2月24日

ベトナムビザが切れたので現在インドネシアのジョグジャカルタに滞在しています。
アザーンで毎朝4時に起こされるのがちょっとつらいです。
先日プランバナンとボロブドゥールにローカルバスで行ってきたので、その行き方を紹介します。

⚫プランバナンへの行き方
プランバナン行きは簡単です。トランスジョグジャで1Aのバスに乗って終点で降り、10分ぐらい歩けばプランバナンです。
マリオボロから終点まで40分ぐらいです。
往復で7,000ルピアしか掛からないのでオススメです。

⚫ボロブドゥールへの行き方
ボロブドゥールへはジョンボルターミナル(Jombor terminal)からバスが出ています。
街の中心地マリオボロからジョンボルターミナルまでバイクタクシーで20分(Grabで10,000ルピア前後)、ジョンボルターミナルからボロブドゥールまで約1時間(15,000ルピアか25,000ルピア)です。

私はインドネシア人の友人と言ったので現地人料金の15,000ルピアでしたが、白人の乗客は25,000ルピア払っていました。

ボロブドゥールのバスターミナルから遺跡までは徒歩15分ぐらいです。
バスを降りると、馬車や力車のおっさんたちが遺跡まで15,000ルピアとかでオファーしてきますが、値切れば10,000ルピアまで下がります。
炎天下で歩くにはそこそこ辛い距離なので10,000ルピアなら乗ってもいいと思います。

⚫大して安くない上につらい
往復合計で最低50,000ルピア、外国人料金の場合だと70,000ルピアになります。さらに力車に乗った場合は90,000ルピアになるので、ツアーで行くのと変わりません。

15244517471211.jpg

ローカルバスはエアコン無しなのは仕方ないとしても、窓が上のほうしか開かない仕様になっているため風も入ってこず非常に暑いです。
ツアーのバスは当然エアコン付でしょうから、快適さで比べ物になりません。

私は朝5時開始というのが嫌でローカルバスを選択しましたが、もう一回行くとしたら間違いなくツアーで行きます。

⚫えげつない外国人料金
ボロブドゥールの入場料はインドネシア人は40,000ルピアに対して外国人は8倍以上の337,000ルピア(25$)という設定になっています。
外国人かどうかを厳しくチェックするわけではないので、インドネシア人にチケットを買ってきてもらい、インドネシア人のふりをして入場すれば法外な外国人料金を払わなくて済むという説もあります。




自己紹介

20代で死ぬほど働いて1500万円貯めてセミリタイア。

現在は少々の労働収入と投資収入でベトナムを拠点に生活しています。

詳しくはこちらの記事をお読みください。