ミャンマー旅行18日間で掛かった費用~1日平均3,000円未満でした

ミャンマー旅行でかかった費用についてまとめました。

ミャンマー旅行ルート

バンコクからミャワディに入り、18日間でパアン-ヤンゴン-バガン&パコックー-カロー-インレー湖-マンダレーへと旅行しました。

全て陸路です。

項目 金額 1日平均
食費 5,824円 324円
交通費 10,076円 560円
宿泊費 20,283円 1,193円
その他 9,739円 541円
合計 45,921円 2,551円

食費

⚫5,824円:1日平均324円

ミャンマーは屋台やローカルレストランが安くて美味しいです。

▼カローのシャンヌードル 75円
ミャンマーヌードル

▼バガンのチキンカレー定食150円
ミャンマーチキンカレー

1食75円~150円(1,000チャット~2,000チャット)が基準で、ベトナムより20~30%は安いという印象です。

交通費

⚫10,076円:1日平均560円

長距離移動は毎回VIPバスで移動したので交通費が高く出ました。

▼主な移動費

区画 料金
ミャワディーからパアン 750円
パアンからヤンゴン 675円
ヤンゴンからバガン 2,250円
バガンからカロー 1,771円
カローからマンダレー 1,397円

ミャワディーからパアン以外はVIPバスを利用しました。

ミャンマーは道路がガタガタなので、せめて車内は快適なものを選ぼうという方針です。

バイタクの相場

バイタクは1キロ当たり30円~40円といったところでした。

外国人には桁違いのボり方をするベトナムのバイタクと比べると良心的な価格設定です。

宿泊費

⚫20,283円:1泊平均1,193円

パコックーでの1泊を除いてはエアコン付のシングルルームに宿泊しました。

ミャンマーは基本的に朝食付でコスパが良い安宿が多いです。

▼カローのRail Road Hotel 1泊10米ドル
カローの安宿

▼マンダレーのYadanar Yoma Inn 1泊10.6米ドル
マンダレー安宿

▼パアンのThan Lwin Pyar Guest houseの朝食
パアン朝食

その他

⚫9,739円:1日平均541円

▼主な支出

項目 金額
バガン入域料 1,875円
パアンツアー 1,600円
インレー湖入域料 1,125円
インレー湖ツアー 1,125円
レンタルEバイク(1日) 450円
SIM(1GB) 188円

バガン入域料とインレー湖入域料だけで3分の1超を占めています。

トレッキングに興味ゼロの私はインレー湖は別に行かなくても良かったです。

▼インレー湖のボート停泊所
インレー湖ボート

参考▶【ミャンマー】インレー湖のボートツアーは全く面白くなかった

バガンでのレンタルEバイクには計3,000円支出しましたが、十分にその価値がありました。

▼バガンの夕陽
バガン景色

参考▶【ミャンマー】バイク運転経験ないのにバガンでEバイクに乗った結果

合計

⚫45,921円:1日平均2,551円

Asean最後のフロンティアと呼ばれるだけあって、物価はベトナムより安いです。

今回は観光に惜しまず出費したので1日平均2,500円を超えましたが、カローあたりで沈没すれば1日1,500円程度で生活できるでしょう。

参考▶【ミャンマー】カローはミャンマーで住みたい町No.1。生活費を試算してみた

今回はスリランカ旅行予定だったのをテロで泣く泣くキャンセルしてのミャンマー旅行でしたが、結果的にはミャンマー最高でした。

数年以内に再訪することになるでしょう。



自己紹介

20代で死ぬほど働いて1500万円貯めてセミリタイア。

現在は少々の労働収入と投資収入でベトナムを拠点に生活しています。

詳しくはこちらの記事をお読みください。