リゾートホテル会員権の販売会に行ってきました

先日、義母(彼女の母)が突然、

リゾートホテルのクーポンを貰いに行くよ

と言い出しました。

どういうこと?
リゾートホテルの商談会に行くと宿泊クーポン券が貰えるのよ。
あんたらにあげるから、ついてきなさい
やったぜ

ということで、リゾートホテル商談会に行ってきました。

アルマリゾートカムランの会員権販売

着いたところはレタントン通りにある高層ビルで、そこで小一時間ほど熱心にリゾートホテル会員権のセールスを受けました。

セールスマン

担当者の話をまとめると以下のようになります。

✔ アルマリゾートカムラン(ニャチャン)の会員権販売
✔ 年間最大7泊可能
✔ 価格は35000米ドル(約456万円)から
✔ 年間維持費700万ドン(約39,875円)
✔ 使用権は32年間有効
✔ RCI*を介してベトナム国外のホテルに泊まることも可能。ただし手数料300万~600万ドンほどかかる

*リゾートホテルの使用権を交換するみたいな感じの会社。よくわかりません。

アルマリゾートカムランはイスラエル企業が出資かなんかしている、全室オーシャンビューの高級ホテルです。

アルマリゾートカムラン

クーポン目当てで行ったので元より買う気はないですが、話を聞くと

金が有り余ってる人だけが買うんだろうな…

という感想を抱きました。

トータルコスト

上述のとおり、年間700万ドン(約39,875円)の維持費がかかります。

この金額は32年間変わらないそうです。よって700万ドン×32年でトータル維持費は2億2400万ドン(127万円)になります。

ここに会員権を足した総支出額は約10億2700万ドン(583万円)に上ります。

会員権を購入した場合の合計コスト会員権456万円 + 維持費127万円 = 583万円

一方、普通に宿泊する場合、Tikiで7泊1499.9万ドン(85,430円)のバウチャーが販売されています。

このバウチャーはインフレに応じて値上げされていく(年間2.5%)と想定すると、32年間の合計金額は約7億2180万ドン(411万円)となります。

まとめると、以下の内容になります。

32年間のコスト会員権購入の場合:583万円
✔ バウチャー購入の場合:411万円

ということで、毎年バウチャーを買うほうがお得です。

ただし、今後ニャチャン界隈の宿泊費相場が想定以上に高騰していくと、会員権購入のほうがお得になる可能性はあります。

また、会員権は転売も可能なので、うまく高値で売れればトータルコストを下げられます。

スタッフたちの事情

私たちを担当したセールスマンはインセンティブのために必死で売り込んでいましたが、最初にこのイベントを義母に紹介したスタッフは

別に買わなくてもいいので、適当に話聞いてクーポン貰って帰ってくださいね

と言っていました。

彼女の仕事は会場案内までで完結し、いくらかのインセンティブが発生するのでしょう。

スタッフ間の思惑の違いが見えて興味深いです。

宿泊クーポンゲット

セールストークを聞いたりPRビデオを見たりで1時間半ほど拘束されたのち、ようやく宿泊クーポンをゲットしました。

アルマリゾートクーポン

大人2人+子供2人が1泊できるクーポンですが、条件をよく見たら金土日とテトは使用不可、朝食なしでした。

使いづらいな…

転売不可で有効期限が11月までなので、それまでにニャチャンに行きます。

関連記事→ニッコーサイゴンに宿泊したらコスパ良すぎて実質タダ

著書紹介

Amazon 売れ筋ランキング(無料本)
✔海外旅行ガイド部門1位獲得
✔歴史・地理部門1位獲得

住んでわかったカオスで面白いベトナム

Amazonボタン

自己紹介宮内健吾Ⓐ、29歳の時に資産たったの1500万円でセミリタイア。

少々の労働収入と投資収入でベトナム生活を満喫していたところ、コロナ禍で仕事を失い暗転。

詳しくはプロフィールをお読みください。