ニッコーサイゴンに宿泊したらコスパ良すぎて実質タダ

アドブロッカーなどを使用している場合、画像が表示されないことがあります。

5つ星のホテルニッコーサイゴンにステイケーションしてきました。

ホテルニッコーサイゴン宿泊記

彼女が年末年始休みなので、ベトナム国内旅行にでも行こうかと計画していましたが、

メジャーな観光地は大抵行ったよね
マイナーな離島はまだ再開してないみたい

ということで、ステイケーションすることにしたという次第です。

ニッコーサイゴンの宿泊料金

agodaで12月30日-31日の1泊、クラブフロアを予約して約250万ドン(12,295円)でした。

大晦日から泊まると400万ドンぐらいに跳ね上がるので、貧乏人の私たちは大晦日にチェックアウトする日程にしました。

今回の宿泊プランは以下の特典付きでした。

✔ 朝食
✔ アフタヌーンティー(昼の軽食)
✔ ハッピーアワー(夕方の軽食)
✔ サウナ・ジャグジー風呂利用
✔ アーリーチェックイン&レイトチェックアウト

ポイントは昼&夕方の軽食付きとアーリーチェックイン&レイトチェックアウトの併せ技です。

これにより、1泊でも5回の食事にありつけます。

タイムテーブルはこうなります。

◼️1日目
正午 チェックイン
14:00~16:30 アフタヌーンティー
17:00~20:00 ハッピーアワー

◼️2日目
6:00~10:30 朝食
14:00~16:30 アフタヌーンティー
17:00~ ハッピーアワー
18:00 チェックアウト

ビュッフェは休止中ですが、朝食、アフタヌーンティー、ハッピーアワーいずれも食べ放題です。

普通、食べ放題は1人20万ドン、サウナは1人10万ドンぐらい掛かります。

本来掛かるコスト
✔ 食べ放題2人40万ドン×5回=200万ドン
✔ サウナ 2人20万ドン×2回=40万ドン

他、アメニティグッズなども計算すると合計250万ドンを軽く超えます。

よって宿泊費としては実質無料みたいなもんです。

ニッコーサイゴンの客室

部屋を入ると目の前に洗面台とバスタブがある斬新なレイアウトです。
Hotel Nikko Saigon

ベッドルームはオーソドックスながら広く快適に過ごせます。
Hotel Nikko Saigon

窓からはサイゴンスカイデッキとランドマーク81が見えます。
Hotel Nikko Saigon

▼ウェルカムチョコレート
Hotel Nikko Saigon

このチョコレートは美味しいだけでなく、容器が磁石付きで頑丈なので小物入れに転用できます。

夕方には2回目のウェルカムチョコレートが置いてありました。
Hotel Nikko Saigon

ニッコーサイゴンの朝食

朝食は6:00~10:30まで。

ニッコーサイゴンは朝食ビュッフェが豪華で旨いと評判ですが、平日はビュッフェ休止中でした。

和食、ベトナム料理、アメリカン、コンチネンタルの4種類から注文する方式になっています。

▼和食
Hotel Nikko Saigon

▼コムタム豚肉
Hotel Nikko Saigon

これは今まで食べたコムタム豚肉の中でベストでした。

食べ放題なので、追加でいくらでも注文できます。

また、料理の一部だけでも対応してもらえます。

▼アメリカンのパンだけ注文。
Hotel Nikko Saigon

ニッコーサイゴンのアフタヌーンティー

アフタヌーンティーは14:00~16:30まで、軽食とお菓子食べ放題です。

ラウンジで開催されます。
Hotel Nikko Saigon

お茶とサンドイッチ。
Hotel Nikko Saigon

▼ケーキ類。
Hotel Nikko Saigon

31日にビュッフェ再開していましたが、さほど内容は変わっていませんでした。
Hotel Nikko Saigon

ニッコーサイゴンのハッピーアワー

ハッピーアワーは17:00~20:00まで、軽食、お菓子に加えアルコール飲料も注文できます。

▼蟹の爪ロール
Hotel Nikko Saigon

巻き寿司など。
Hotel Nikko Saigon

31日にはビュッフェ再開して、若干品数が増えていました。
Hotel Nikko Saigon

▼サーモン系がコスト掛かってそうなので、ガンガン食べました。
Hotel Nikko Saigon

▼私は飲まないですが、酒類も豊富。
Hotel Nikko Saigon

ニッコーサイゴンのサウナ・ジャグジー

午前中に行ったら他の利用者はゼロで貸し切り状態でした。

▼サウナは2種類あります。
Hotel Nikko Saigon

▼ジャグジー風呂からスカイデッキとランドマーク81が見えます。
Hotel Nikko Saigon

ニッコーサイゴンのプール

プールはオーソドックスな感じです。
Hotel Nikko Saigon

31日にチェックアウト

31日の午後からは金持ちそうな日本人家族たちが続々とチェックインし、ビュッフェは邦人で混雑していました。

金持ち家族

私たちは18時チェックアウトなので、ギリギリまでビュッフェを堪能し、ラウンジを退出しました。

え…これからが本番なのに今帰るの…

と哀れみの目で見られたように思います(被害妄想)。

いつかは5つ星ホテルで年越しイベントを体験するセレブになってみたいものです。

まとめ

ホテルニッコーサイゴンはコスパ最高でした。

しょーもない観光地に行くぐらいなら、ステイケーションのほうが出費は低く満足度は高いです。

2022年もコロナ禍が続くなら、またどこかの高コスパホテルに泊まってみようと思います。

【宿泊記】ホテルマジェスティックサイゴンに宿泊してケーキを貰った話

自己紹介

宮内健吾(仮名)、29歳の時に資産たったの1500万円でセミリタイア。

少々の労働収入と投資収入でベトナム生活を満喫していたところ、コロナ禍で仕事を失い暗転。

詳しくはプロフィールをお読みください。