ダナンの五行山は定番観光地だけどオススメ

アドブロッカーなどを使用している場合、画像が表示されないことがあります。

ダナン旅行の定番観光地、五行山(マーブルマウンテン)に行きました。

あまり期待してなかったのですが、これが思いのほか印象的でした。

五行山への行き方

中心地から7~8キロ、自動車やバイクで15分程度で着きます。

私たちはレンタルバイクで行きましたが、ホーチミンと違って交通量が少なく快適に走れました。

五行山の麓の土産屋が駐輪場も兼ねています(駐輪料金1万ドン)。

五行山の営業時間

午前7時に入りました。

門があるわけではないので、何時でも入れるかもしれません。

入場料

ネット情報だと入場料4万ドン(183円)、エレベーター1.5万ドン(69円)だそうですが、オフィスが開いてなかったので入場料なしで入れてしまいました。

代わりに彼女が寄付ボックスに7万ドン入れました。

私は1ドンも入れてません。すみません。

五行山の雰囲気

舗装された山道を通り洞窟寺院を訪れます。

洞窟内は案内がなく、うっかり見逃してしまうような抜け道もあって探検感も楽しめます。

▼入り口の階段。二人ともひきこもり体質で運動不足なので既にきついです。
五行山(マーブルマウンテンダナン)

▼ヘブンズゲートとかいう見晴らし台につながる洞窟。
五行山(マーブルマウンテンダナン)

▼中から見るとこう。
五行山(マーブルマウンテンダナン)

▼雲通洞。天井に雲が通るような穴が空いている。
五行山(マーブルマウンテンダナン)

上の画像の左奥の抜け道からヘブンズゲートへ登れるのですが、私たちは抜け道に気付かず、遠回りして無駄な労力を使いました。

▼ヘブンズゲート付近はウチワサボテンが群生していました。
五行山(マーブルマウンテンダナン)

▼ヘブンズゲートからの見晴らし。
五行山(マーブルマウンテンダナン)

ここまで来るのはかなりキツいです。

お年寄りや小さい子供には無理でしょう。

▼えべっさん。丸々したフォルムが良い。
五行山(マーブルマウンテンダナン)

▼クールな龍の彫刻。
五行山(マーブルマウンテンダナン)

五行山(マーブルマウンテンダナン)

▼「お前頭おかしいんちゃうか」「いやあいつのほうがおかしいっすよ」の像。
五行山(マーブルマウンテンダナン)

五行山(マーブルマウンテンダナン)

▼20数年前の落書き。デカデカと名前を刻んでるのが凄い。
五行山(マーブルマウンテンダナン)

▼菩薩像。右の壁の赤文字は「無限の慈悲で人を救う」と書いてあるそうです。
五行山(マーブルマウンテンダナン)

▼五行山最大の洞窟。この写真ではわかりませんが、ちょっとした体育館ぐらいあります。
五行山(マーブルマウンテンダナン)

五行山は雰囲気良くてオススメ

洞窟寺院というとミャンマーによくありますが、五行山はより規模が大きく、パワースポットっぽい雰囲気があってオススメです。

平日の早朝で自分たち以外に来訪者がほとんど居なかったのもラッキーでした。

五行山とハイヴァン峠が今回の旅行の二大ハイライトとなりました。

ダナンからバイクで「世界で最も美しい」ハイヴァン峠に行きました。

自己紹介

宮内健吾(仮名)、29歳の時に資産たったの1500万円でセミリタイア。

少々の労働収入と投資収入でベトナム生活を満喫していたところ、コロナ禍で仕事を失い暗転。

詳しくはプロフィールをお読みください。