hmt腕時計をごはんさん(精計堂時計店)にオーバーホールしてもらった

2019年2月16日

hmtがまた動かなくなった

このブログは「hmt オーバーホール」という非常にマニアックなワードで検索1位を取っています。

トップに来るのがこの記事

次いで、再修理した時のこの記事

このhmt、実は再修理から3か月ぐらいでまた止まるようになりました。

50万ドンも払ったのに酷い話です。
50万ドンと言うとフォー20杯分ですので、日本での10,000円分ぐらいの感覚です。

それから1年以上放置していたのですが、昨年末日本へ帰ったときに修理に出してみました。

依頼先は「ごはんさん」こと精計堂さんです。

精計堂さんは通常数万円するオーバーホール(修理)を5,000円前後という爆安料金で請ける、腕時計修理界の価格破壊王として有名です。

⚫部品がいろいろぶっ壊れていた

メールで問い合わせした後、腕時計を精計堂さんに送りました。
そして来たメールに驚愕!!

部品がいろいろ壊れているので、こちらの在庫から部品を交換します」

どう考えても私は部品が壊れるような激しい使い方をしていません。
どうやらホーチミンの修理屋は2回も修理しておいて部品が壊れたままにしていたようです。

フォー20杯分もとっておいてろくに仕事しない悪質な業者であることがわかりました。

さて、精計堂さんの見積りは

修理代:4,000円
部品代:4,000円

合計8,000円でしたので、そのまま修理を進めていただきました。

2週間後修理完了し、代引きでhmt腕時計が届きました。

ところが、10日ぐらい動かしてみた結果、時々止まるのでまたしても再修理。
この時計は再修理される運命なのか。

再び精計堂さんへ送り、2週間後に戻ってきました。
1か月ほど動かしてみましたが、今のところ問題なく動いています。

結局このhmt腕時計を修理するのにかかった費用は、

修理(ベトナム):2,500円
修理(精計堂):8,000円
送料,代引手数料:1,110円
合計:11,610円

となりました。
ちなみに購入価格は2,000円です。

修理に購入金額の5倍以上つっこむ。そんな腕時計バカがベトナムに一人ぐらい居てもいいのではないでしょうか。



自己紹介

20代で死ぬほど働いて1500万円貯めてセミリタイア。

現在は少々の労働収入と投資収入でベトナムを拠点に生活しています。

詳しくはこちらの記事をお読みください。