アラフォーのセミリタイア民がリゾートバイトした結果

2022年9月26日

7月初旬〜8月下旬までリゾートバイト(リゾバ)してきました。

アラフォーのおっさんがリゾートバイトをして体力的に大丈夫なのか、職場で浮かないのか等心配ごとはいくつかありましたが、やってみたら問題ありませんでした。

リゾートバイトとは

ホテル

リゾートバイトとは、観光地にあるホテルや旅館に住み込みで働くアルバイトのことです。

多くの場合、家賃や光熱費が無料で、食事も無料で提供されるか食費補助があったりするので、給料を貯金に回しやすいという特長があります。

リゾートバイトで職探しする手順

リゾートバイトに特化した派遣会社がいくつかあるので、そこに登録して探します。

アルファリゾート

グッド・フェローズ

ヒューマニック

リゾートバイト登録の手順1. 派遣会社のウェブサイトで履歴書登録
2. 電話面談で具体的な希望条件を話す
3. 派遣会社から仕事の紹介を受ける
4. 気に入った仕事があれば申込み
5. 数日後、採用可否の連絡をもらう

私の場合、登録から仕事が決まるまで7日間でした。

未経験可の募集がたくさんあるので、まともなコミュニケーション能力があれば仕事を見つけるのは容易です。

リゾートバイトの年齢層

リゾートバイトというと、大学生が夏休みにするバイトというイメージがありましたが、実際行ってみると学生は少数派でした。

今回の職場では派遣社員が10人いて、以下の年齢構成でした。

50歳代: 1人
40歳代: 1人
30歳代: 3人
20歳代: 5人
※職種は清掃

意外なことに30歳以上が半数を占めるという構成になっていました。

また、田舎ということもあってかパートの方々はもっと年齢層が上でした。

人間関係も良好で、従業員間でギスギスすることなく、余計なストレスを感じず仕事に取り組めました。

50代でもリゾートバイトいける

上述のとおり、50代でリゾートバイトに来ている方もいました。

「腰が痛い」と言っていたものの、約2か月の契約期間を満了しました。

コミュニケーション面でも、派遣グループから浮くことなく会話に加わっていたので、50代でリゾバしても問題なさそうです。

リゾートバイトにおける派遣間の交流

派遣のみんなで飲みに行ったり、近くの観光地に遊びに行った

というパターンもあるようですが、今回の職場ではそういったことは一切ありませんでした。

かといって派遣間で仲が悪いというわけではなく、仕事の合間の雑談はなごやかにこなすという、程よい距離感を保っていました。

リゾートバイトはきつい?

ネットで事前にリサーチした結果、

リゾートバイトは清掃部門が楽だからオススメ!

という意見をいくつか見たので、今回はホテル清掃に応募しました。

実際に清掃部門で働いてみると、
↓出勤初日

きつい!
これ1カ月以上とか無理ゲーやろ…

↓出勤3日目

なんか慣れてきた

↓出勤10日目

リゾバ楽勝や!

というのは若干大げさですが、「楽ではないが、余裕で乗り切れるレベル」という感じです。

何しろほぼデスクワークしか経験がなく、かつ2年半まともに働いていない私でもできたので、多くの人にとって体力的には問題ないレベルだと思います。

ホテル清掃の業務内容

業務スケジュール9時~12時:客室清掃
12時~12時30分:休憩
12時30分〜15時:客室清掃
15時~15時30分:休憩
15時30分~18時:共用スペースの掃除、翌日の準備など

客室清掃はバスルームの掃除、使用済シーツ・タオルの回収、ベッドメイキング、掃除機掛けなどから構成されます。

ホテルによっては1人で全部こなすところもあるそうですが、今回の派遣先ではタスクを細かく分担しており、私が担当したのは主にベッドメイキングでした。

ホテルのベッドメイキングって、ピシっとキレイにシーツ張るの難しそう

とよく言われますが、実際にやってみるとさほど難しくありません。

やり方さえわかれば器用な人で1日、遅くても1週間もすれば大体できるようになります。

業務で大変なのは15時までの清掃で、チェックイン時間が迫っているのに清掃完了していない部屋がいくつもあるとさすがにピリピリした雰囲気になっていました。

しかし私は

間に合わなかったからって人が死ぬわけでもないし

という鷹揚な気持ちで粛々と業務をこなしました。

そして15時以降の仕事はオマケみたいな感覚でした。

館内のゴミ回収や翌日必要なシーツやタオルの数を揃えておくといった簡単かつゆるい業務で、消化試合といった雰囲気で気楽に働けました。

リゾートバイトの住環境

今回の職場では旧館を従業員の寮に転用していました。

↓イメージ
リゾバ寮

旧館とはいえ元客室なので、設備はホテル並みです。

また、新館と隣接しているので、職場まで徒歩2分の快適環境でした。

さすがにこの住環境はかなり当たりに入る物件だったようで、ほかの求人を見ると「部屋にWiFiなし」「トイレ・風呂共同」など昭和感あふれる物件も普通にあるので、よく吟味したほうが良いでしょう。

リゾートバイトの給料

お金

時給1,150円、8時間労働で食費補助がついて日給換算で大体1万円ぐらいでした。

家賃と光熱費が無料なので、1カ月当たり15万円ほど貯金に回せました。

リゾートバイトまとめ

リゾートバイトはアラフォーでも体力・コミュニケーションともに問題なく満了できました。

15万円×2カ月で30万円貯金し、3か月休んでまた2カ月働く、みたいなサイクルでセミリタイア生活するのも良さそうです。

興味がある人は下記の派遣会社にとりあえず登録してみるとよいでしょう。

アルファリゾート

グッド・フェローズ

ヒューマニック

ただ、個人的には

これを収入の柱にしていくのはちょっとダルいかな

と感じました。

短期間とはいえ1日8時間、週4,5日働くのはめんどくさいです。

リゾートバイトはセーフティネット程度に考えて、基本はもっとゆるく働ける仕事を探していく所存です。

コロナ前はもっと稼いでいた…という話→セミリタイアおじさんが日本出稼ぎ1ヶ月で45万円稼いだ方法

自己紹介宮内健吾(仮名)、29歳の時に資産たったの1500万円でセミリタイア。

少々の労働収入と投資収入でベトナム生活を満喫していたところ、コロナ禍で仕事を失い暗転。

詳しくはプロフィールをお読みください。