ベトナム株下落により2か月で6000万溶かしました

2019年2月17日

直近1年間で世界最強株はベトナム株だった

という記事を書いたのが4月2日。

当時のVNインデックスは1196でした。
この1週間後に史上最高値1211を付けた後下落に転じ、ずるずると下がり続け5月には遂に年初来安値を更新、その後若干持ち直したものの、現在は992でピーク時から17%のマイナスです。

私はベトナム株はほぼ全てベトナム国産ETFのE1VFVN30(ホーチミン市場の主要30銘柄に投資)で持っていますが、ピーク時には4億VND以上あった評価額が現在は3億3400万VNDほどで、6000万VND以上が消えてなくなった計算になります。

円換算で30万円ぐらいなので日本人的には大した金額ではないのですが、こちらの平均年収を超える金額なので、ベトナム人に話せば同情してフォーぐらいおごってもらえそうな水準ではあります。

さて、前回も書きましたがインフレ率は安定し順調に経済成長を続けている現状で慌ててベトナム株を売り払う理由はありません。
今後もE1VFVN30をガチホしていきます。

⚫関連記事

・10年前にベトナムの銀行に100万円預金していたら、現在日本円でいくらになっていたか

・ベトナムドン建て資産約1000万円の内訳




自己紹介

20代で死ぬほど働いて1500万円貯めてセミリタイア。

現在は少々の労働収入と投資収入でベトナムを拠点に生活しています。

詳しくはこちらの記事をお読みください。