社会的隔離4週間目/ フーコックで外国人観光客受け入れか

アドブロッカーなどを使用している場合、画像が表示されないことがあります。

相変わらずホーチミンはコロナ第4波の真っ只中です。

大規模ワクチン接種

近所の小学校がワクチン接種会場になっていました。

ホーチミンコロナワクチン

先週末からホーチミンでは大規模にワクチン接種が進められています。

今のところ、ワクチンは全て或いは殆どがアストラゼネカと思われます。

▼ベトナムが調達した主なワクチン(6月11日時点)

ワクチン名 数量(回分)
アストラゼネカ 6890万
ファイザー 3100万
スプートニクV 2000万
モデルナ 500万

Lao Dongより。

アストラゼネカ以外の3種は「到着した」というニュースがないので、まだ届いてないと思われます。

もう少し待つとファイザーが出回ると思いますが、同時にスプートニクVを受ける可能性も発生するので微妙なところです。

どのみち、観光ビザ滞在の私に順番が回ってくるのは当分先でしょう。

社会的隔離下のベトナム株式

依然としてVN指数は好調です。

ホーチミン市で社会的隔離が始まった5月30日以降、VN指数は4.78%上昇し史上最高値を更新しました。

直近1年間では+62.6%で、S&P500(+38.7%)を大きく上回ります。

6月4日から2日間で4%下落したときは「すわ調整」と思いましたが、その後は何事もなかったかのようにブル相場継続です。

ベトナム株式に関する指標(6月25日時点)

時価総額/GDP 71.98%
PER(実績) 18.91倍

※時価総額はHOSEとHNXの合計。
※PERはHOSEのみ。

時価総額/GDP(バフェット指数)は一般に100%以上で割高とされています。

現在71.98%なので、まだ余裕がある数字と言えます。

関連記事▶ベトナム株ではバフェット指数が重要な理由

PERは約19倍と若干高めに見えますが、EPS成長率は20%以上と予想されていることから、こちらも割高感はありません。

ただ、ホーチミン市で感染拡大していることからEPSも下方修正されるかもしれません。

関連記事▶ASEANの中でベトナム株の推移だけ異常

フーコックが9月に外国人観光客受け入れか

キエンザン省は9~10月からフーコック島で外国人観光客を受け入れることを提案しています【Zingnewsより】。

ちょっとテンション上がるニュースですが、元記事を読むとあくまでも省からの提案であるので、実現性はどの程度あるのかわかりません。

しかしフーコックは観光地としてポテンシャルが高いので、コロナ後急成長するのは確実です。

▼サオビーチの日の出。
saobeach_sunrise

フーコックのサオビーチは貸切状態の天国だった

「インドネシア旅行と言えばバリ島」であるように、数年後は「ベトナム旅行と言えばフーコック島」になっていてもおかしくありません。

大手複合企業ビングループは既に目をつけ、巨大娯楽リゾート「フーコックユナイテッドセンター」をオープンしています【VIET JOより】。

▼フーコックユナイテッドセンターの一部であるビンワンダーズ。
Vinwonders Phuquoc, Vietnam

ヴィンワンダーズフーコックに行きました。入場料金・アクセス・注意点など

バリ島と比べてまだまだ未発展の部分が多々あるので(そこが魅力でもあるのですが)、今後さらに資本が投下されるでしょう。

フーコックETFがあれば即買うレベルですが、そんなものは無いのでフーコック島の発展を遠くから見守ります。

フーコックの素晴らしさはフーコック旅行記(一覧)をご覧ください。

自己紹介

宮内健吾(仮名)、29歳の時に資産たったの1500万円でセミリタイア。

少々の労働収入と投資収入でベトナム生活を満喫していたところ、コロナ禍で仕事を失い暗転。

詳しくはプロフィールをお読みください。