株価下落により半月で150万円溶けるもイールドスプレッド的にはまだ落ちそう

2022年6月16日

ここ最近の株価下落により、5月初めと比べて資産額が150万円ほど減少しました。

しかし、イールドスプレッドの観点からはS&P500はまだ底に到達してないかもしれないので覚悟しておきます。

ベトナム株の急落

vnindex

2020年3月以降順調に上がっていたVNINDEXですが、ここ1カ月半で急落し、2021年以降の上げ幅を全て帳消しにしました。

私のベトナム株ETFも評価額1億VNDほど溶けました。

ついでにベトナムドンの闇レートも1米ドル=23500VND前後から24000VND前後へとUSD高VND安になってています。

関連記事→ASEANの中でベトナム株の推移だけ異常

イールドスプレッドの観点から米国株はまだ下がりそう

イールドスプレッドとは…

債券と株式を比較する際にも用いられ、長期国債の利回りから株式益利回りを差し引いて、イールドスプレッドが小さい(大きい)場合、株式相場は割安(割高)とされています。
大和証券 金融・証券用語解説より】

現状の米国株イールドスプレッドについては、ニッセイ基礎研究所のレポート「2021年好調過ぎたツケを払う米国株式」にわかりやすくまとまっているので読んでみてください。

記事の内容を一行でまとめると「米国株は金利上昇を鑑みるとまだ下落余地がある」といったところです。

イールドスプレッドは過去のデータから「大体このぐらいの数値に収束する」という基準値があり、長期金利も金融政策からざっくり予想できます。

ここに予想EPSも踏まえてS&P500を算出すると「まだ下がりそう」という結論になってしまうということです。

S&P500予想

じゃあどれぐらい下がるの?

と気になる方のために、S&P500の予想値を算出する計算フォームを作りました。

計算式:予想S&P500=EPS×(1/(長期金利+イールドスプレッド))

長期金利をかなり低めに設定しても史上最高値は超えないので、いかに厳しい状況かわかると思います。

計算機




予想S&P500:xxxx
史上最高値(4818.62)と比べて、xx%です。
2022年6月15日の値(3789.99)と比べて、xx%です。

長期金利・イールドスプレッドの参考値

長期金利などのデフォルトの値は2023年の予想値を入れてあります。

下記の基準値を参考に、適当に数値を動かして一喜一憂してください。

長期金利(米国10年国債)各社予想✔ ゴールドマンサックス
22年末:3.3%
23年末:3.15%
✔ CAPITAL ECONOMICS
23年央:3.75%
✔ Advocate Capital Management
22年末:4%
23年末:5%

【出典:MNI MARKET NEWSCAPITAL ECONOMICSMARKETWATCH

各社で予想値に大きく開きがあります。

Advocate Capital Managementの予想が当たると株価には大ダメージになりそうです。

イールドスプレッドの基準割高:3%未満
割安:3.8%~4.0%
2011年以降平均:2.776%
【出典:フジトミ証券

まとめ

イールドスプレッド的にはまだまだ落ちるということで、積立投資している人には朗報です。

私のような貧乏リタイア民には長い冬になりそうです。

関連記事→前月比14000ドル減った資産額2022年5月

自己紹介宮内健吾(仮名)、29歳の時に資産たったの1500万円でセミリタイア。

少々の労働収入と投資収入でベトナム生活を満喫していたところ、コロナ禍で仕事を失い暗転。

詳しくはプロフィールをお読みください。