ベトナムは医療費が4年で2倍に上昇だが安定傾向へ

2019年3月16日

昨日は9月最後の平日だった為、統計総局から各種経済指標が発表されました。
それによると、直近12か月間のインフレ率は先月と同じ3.98%でした。

近年、ベトナムでは医療費と教育費がぶっちぎりのツートップで物価上昇を牽引しており、2014年比で医療費は99.5%プラス(要するにほぼ2倍)、教育費は33.6%プラスとなっています。

しかし今回発表された統計では若干傾向が変わり、上昇率2位は相変わらず教育費(前年比6.07%プラス)ですが、1位は原油高を反映し運輸,交通部門(7.93%プラス)となり、医療費は2.82%プラスという控えめな数字でした。

⚫預金金利は変わらず
ここ数ヶ月インフレ率が4%前後で安定しているため、預金金利は今月も変化ありませんでした。
ただし、通貨安が落ち着いてきたため、対ドルでの利回りは若干上昇しました。

詳しくはこちらをご覧ください。

【随時更新】最新ベトナム銀行預金金利, 実質金利, 対ドル利回り



自己紹介

20代で死ぬほど働いて1500万円貯めてセミリタイア。

現在は少々の労働収入と投資収入でベトナムを拠点に生活しています。

詳しくはこちらの記事をお読みください。