月4万円あれば充分なセミリタイア生活 in ベトナム(ホーチミン) 2月の支出

2019年2月18日

テトお年玉袋

2月の支出をまとめました。
2月はテト(ベトナムの旧正月)で友人らがことごとく実家へ帰ったため、ホーチミンに一人残された私はBig CかCo.op Martに買い物に行く以外はほぼ引きこもって電子書籍を読む毎日でした。
おかげでナニワ金融道を全巻読破できました。日本人全員読むべき名著です。

2018年2月の支出

項目 支出額 1日平均
食 費 9,786円 350円
娯楽費 3,959円 141円
雑 費 1,206円 43円
光熱水 1,110円 40円
家 賃 21,000円 750円
合 計 36,627円 1,308円

[光熱水費の請求がきたので追加しました 2018年3月3日]

今月はほぼ毎日自炊でした。毎日外食した場合、ローカル食堂中心なら月15,000円ぐらいになります。
私は既にベトナムの味付けは飽きてるので、あまり外食はしません。
娯楽費は主に友人と遊びに行った時の支出です。たいてい喫茶店で話したり、動物園とか寺参りとかの健全な外出です。ディスコとか行ったことありません。
喫茶店だとおしゃれっぽいナントカティーやらナントカコーヒーが200円~300円ぐらいです。

住居はタンソンニャット空港近くのGo Vap区のアパートです。
20平方メートルぐらいなので、日本人の感覚では一人暮らし用ワンルームにちょうど良い広さなのですが、ベトナム人は3~4人で住んでいるようです。

ベトナム人の平均月収約30,800円からすると、21,000円のアパートに一人暮らしはかなり厳しいのでしょう。
また、そもそもほとんどのベトナム人は一人暮らしをしません。
地方から出てきた大学生や労働者はきょうだいや友人とルームシェアします。ホーチミンに実家がある場合はわざわざ家族と別居しません。




自己紹介

20代で死ぬほど働いて1500万円貯めてセミリタイア。

現在は少々の労働収入と投資収入でベトナムを拠点に生活しています。

詳しくはこちらの記事をお読みください。