セミリタイア6年目終了で資産がヤバい

2020年5月19日

ハリー・ポッターを観るなら<U-NEXT>31日間無料トライアル

セミリタイア生活6年目が終了しましたので、収支と資産状況についてまとめました。

2019年の収入

●収入
労働:約134万円
利子:約72万円
ヤフオク:約15万円
ブログ:約6万円
合計:約227万円

今年の日本滞在日数は116日でした。

労働収入とヤフオク収入はその期間での稼ぎです。

利子はベトナムドン預金からの利息です。

ブログは1ヶ月当たり5,000円程度のしょぼい収入しかありません。

2019年の支出

●支出
日本国内:約44万円
日本国外:約63万円
合計:約107万円

日本での生活費は1ヶ月当たり10万円台前半、日本国外では定住中の生活費は4~5万円ですが、飛行機代などで総合費用がかさみました。

2019年の収支

●収支
収入:約227万円
支出:約107万円
合計:約120万円

収支は約120万円のプラスとなりました。

2019年の資産変動

●資産
約1929万円▶約2182万円

2019年1月時点から250万円ほど資産が増えました。

前述のとおり収入による増加は約120万円なので、残りの約130万円は保有資産の価格上昇分ということになります。

今年は米国株が約30%上がるなどの上昇相場だったため、その恩恵を受け私の資産額も10%以上増えました。

ベトナムドン預金の利子

今年も金利8%超のベトナムドン預金からの利息が70万円以上ありました。

近年ベトナムドンのレートは非常に安定していますが、とりわけ今年は対米ドルでわずか0.28%のマイナスに留まりました。

来年も約66万円の利子受け取りがありますが、新規の定期預金は組めなくなるので、満期になり次第資金をベトナム外に移していきます。

セミリタイア生活開始後の資産増加

セミリタイア生活開始時点での資産額は1500万円でしたが、丸6年経過して2182万円となり、年平均成長率6.45%という新興国のGDPみたいな数字が出ました。

この6年間は米国を中心とした世界経済がおおむね順調だったためこういう結果になりましたが、2020年はトランプラリーも終了し、米国株大幅調整、私の資産額も大暴落するかもしれません。

自己紹介
20代で労働&節約により1500万円貯めてセミリタイア。
現在は少々の労働収入と投資収入で暮らしています。
詳しくはこちらをご覧ください。