ミャンマーで人食い部族の王になった日本人の実話が凄い

ミャンマー(ビルマ)にまつわる戦時中のエピソードというとインパール作戦関連が圧倒的にメジャーで、フィクションでは「ビルマの竪琴」が有名です。

ミャンマーを旅行する人は上記二つの書籍は読んだことがあるという人が多いと思います。

しかし妹尾隆彦氏の「カチン族の首かご」は聞いたことすらないという人が多いのではないでしょうか。

知る人ぞ知るこの怪作について紹介します。

「カチン族の首かご」あらすじ

▼あらすじ
妹尾隆彦(著者)は、一等兵として従軍しビルマを北上していった。その過程において「人食い人種」とされるカチン族と交流し、ついには推戴されて王となる。
憲法を定め、裁判を行うなど近代国家としての体裁を整えるが、ある日、帰還命令が届く。王の離脱を阻止するため、百人超の部族兵が妹尾の家を取り囲み…。

この作品の魅力としていくつかのポイントが挙げられます。

まずは「日本人が人食い人種の王になる」という衝撃性。

「人食い人種かと思っていたら違いました」ではなく、実際に著者は儀式でそれと気付かずにヒトの脳髄を食べさせられた可能性が高いと記述しています。

また、著者は軍で情報収集を担当していただけあって、異文化の描写が詳細かつ豊富であり、知的好奇心を刺激します。

そして最後局面では「なぜ日本人を王に据えたか」の謎解きがなされますが、今西錦司氏の解説(世界ノンフィクション全集収録)を読むと結局何が真実だったかわからなくなるという多層構造になっています。

今回、パアンからヤンゴンへVIPバスでの移動中に改めて読んでみました。

読むのはこれで3,4回目ですが何度読んでも引き込まれます。

読んでるうちに著者と同じルートをたどってみたくなりましたが、スタート地点がミッチーナ(作中ではミチナ)というマンダレーから飛行機で1時間かかる奥地なのにそこからさらにゴリゴリ北上していくルートなので一瞬で諦めました。

これからミャンマーに行く方はぜひ本書を手に取られることをオススメします。

▼「カチン族の首かご」は世界ノンフィクション全集〈第4〉に収録されています。



自己紹介

20代で死ぬほど働いて1500万円貯めてセミリタイア。

現在は少々の労働収入と投資収入でベトナムを拠点に生活しています。

詳しくはこちらの記事をお読みください。