2020年7月の資産状況~マンション購入で含み損

2020年7月2日

ハリー・ポッターを観るなら<U-NEXT>31日間無料トライアル

半年に1回恒例の資産状況公開です。

新型コロナの影響とマンションを買ったことで、半年前より50万円ほど資産が減少しました。

ポートフォリオ


  

アセットアロケーションは

株式等: 39%
不動産: 36%
債券等: 23%
金現物: 2%

となっているので割とバランス良いかと思います。

マンション

7,361,083円

この半年でベトナムドン預金終了→マンション購入という大変動がありました。

関連記事▶ベトナム・ホーチミンで2LDKマンションを購入しました。

販売価格は約950万円、共同購入なので私の支払い分は約855万円ですが、不動産取引は物件価格以外の費用が大きいので、買ってしばらくは含み損になります。

米国株

5,294,613円

コロナショックの暴落でも狼狽売りすることなく持ち続けました。

むしろ今は実態経済と比べて上がりすぎて不安なレベルになってきましたが、ガチホ継続します。

ベトナム株

1,486,847円

ベトナム株も米国株同様にホールドというか放置です。

日米除く世界株

1,069,429円

上に同じです。

ドル円等預金

3,498,209円

今年前半は労働収入がなかったのとマンション購入によりキャッシュが減ってきました。

あと数ヶ月は減る一方です。

米国債券

1,179,997円

ゴールドマンサックスの社債(表面金利4.25%)を保有しています。

社債買取り価格が以前は103~105%程度でしたが、米国の金利低下により現在は109%ぐらいになっています。

ゴールド

354,767円

ウィーン1オンス金貨1枚とベトナムで買った純金指輪26.25g分が実家の押し入れにしまってあります。

ちなみにベトナムでは金の単位はchỉ (=3.75g)、lượng (=10 chỉ)で表され、金価格も1 lượng単位で表示されるので若干ややこしいです。

合計

20,244,945円

新型コロナの影響で日本での出稼ぎができなかったことと、マンション購入による手数料損失で資産額が減少する結果となりました。

2020年 1ヶ月毎の資産額推移

明らかに下げトレンドです。

このあとマンション用の家具・家電購入という大型支出イベントが控えているので更に資産額が減少していきます。

自己紹介
20代で労働&節約により1500万円貯めてセミリタイア。
現在は少々の労働収入と投資収入で暮らしています。
詳しくはこちらをご覧ください。