ベトナムでコロナ(オミクロン)陽性4日目

同居している彼女が新型コロナ(おそらくオミクロン)陽性になってから4日目が終了しました。

新型コロナ(オミクロン)4日目の症状

日に日に快方へ向かっています。

症状の変化・鼻水 → 0~2日目のみ。3日目からは無し
・咳  → 0~2日目は喋るのもつらそうだったが、4日目には殆ど無し
・筋肉痛→ 3日目から回復し、4日目には殆ど無し
肩こりが酷いわー
これもコロナのせいでは?

と言っていますが、彼女は普段から肩こりが酷いのでコロナは無関係と思われます。

よって4日目にして症状はほぼ無くなり、90%以上治癒したと言ってよい状態です。

私の症状

現時点で濃厚接触から5日目に入りましたが、私は依然として何も症状がありません。

オミクロンは感染者と接触してから4日目までに発症する確率が87.75%、5日目までだと97.53%だそうです(国立感染研究所より)。

よって現時点で感染していないということは、二次感染の確率はかなり低くなったということで安心です。

ただ、陽性0日目の濃厚接触以降も軽い接触はあるので、まだ油断はできません。

蚊が入ってくるのがつらい

蚊

空気入れ替えのために夜でも常に窓全開にしているので、蚊が入ってきます。

ベトナムの場合、蚊はデング熱やマラリアを媒介する恐怖の生物です。

実際、私も以前デング熱に感染し入院しました。

関連記事→ベトナムでデング熱になって入院したときの治療費・日数

今の状況だと窓を閉め切るリスクのほうが大きそうので、窓全開にしています。

網戸は高い

なんで網戸閉めないの?

と思われるかもしれませんが、ベトナムの住居には網戸がついていません。

これだけ蚊が多い国なのに網戸がマイナーなのは謎です。

一応業者は存在するので、新築マンションを買った際に設置を検討しましたが、見積もりが380万ドン(当時のレートで約18,000円)と、貧乏人には大きい金額だったのでやめました。

枠の設置から必要なので、日本より高くなってしまうようです。

今のところただの風邪

幸いここまでのところ、普通の風邪の域を超えていません。

このまますんなり終わってほしいものです。

自己紹介宮内健吾(仮名)、29歳の時に資産たったの1500万円でセミリタイア。

少々の労働収入と投資収入でベトナム生活を満喫していたところ、コロナ禍で仕事を失い暗転。

詳しくはプロフィールをお読みください。