空港で薬物検査された/食費が2倍に/スマホを購入

前回更新から20日ほど空いてしまいました。

現在日本に出稼ぎ中のため、ブログ投稿がおろそかになっているという状況です(出稼ぎの詳細については後日まとめます)。

今回は日本滞在中の小ネタです。

空港で薬物検査された

税関

帰国時に長髪、ひげ面だったせいか、税関で

こいつ、あやしい!

と思われたらしく、若干の足止めをくらいました。

コカイン、大麻、LSDなどの違法薬物はお持ちではありませんね?
(持ってますって答えるやつおらんやろ…)
ええ、持ってないです

というやりとりの後、その場でバッグを開けられ中身を軽くチェックされました。

同時に

荷物の薬物検査もしますねー

と、別の税関職員がお手拭き状のもので私のバッグの表面をふき取っていました。

よく知りませんが、なんらかの成分に反応する試薬が塗布されたお手拭きだと思われます。

偽陽性などもあるので、

万が一陽性反応が出たらどうしよう…

と思いましたが、何も反応せず、即解放されました。

ガチの容疑だと別室送りなので、まだ容疑は軽いほうだったということでしょう。

知り合いに違法ドラッグをやっていた人はいるので、ある意味嗅覚鋭いと言えます。

関連記事→ベトナム女子らにドラッグ事情を聞いてみた【大麻、マジックマッシュルーム】

帰国後1か月間の食費

帰国してから1カ月経過時点での食費は約45,000円になりました。

普通じゃね?

と思う人もいるかもしれませんが、コロナ前に日本滞在していたときは1カ月2万円台だったので、2倍に膨れ上がっていることになります。

ちなみにベトナム滞在中と同じく、自炊メインで外食は週に1回程度です。

日本は食べ物が豊富すぎる

食費が跳ね上がった要因は明確です。

2年半ぶりに帰国して日本の食べ物に飢えているからに他なりません。

日本の食べ物は種類豊富でハイクオリティです。

お菓子

おまけにモノによってはベトナムより安いので、

日本にいる間にたくさん食べといたほうがお得!

という心理に陥り、結果として食費が増大してしまいました。

関連記事→2年半ぶりに帰国して最初に食べたもの

スマホが安い

今日本でコスパナンバーワンのスマホと呼び声高いOPPO Reno5 Aを買いました。

だいたい23,000円ぐらいなので、約393万ベトナムドンです。

5G対応で防水防塵IP68のスマホが400万ドン以下で買えるのは驚異的です。

ベトナムでは突然のスコールでスマホが雨に打たれることもよくあるので、防水機能はマストです。

国によってそれぞれ安いモノがある

よく「米国の物価は高い」、「日本の物価は先進国の割に安い」、「ベトナムの物価は日本の何分の1」などと言ってしまいますが、実際には国によって安いモノが違います。

ベトナムの場合、一次産品などは日本より圧倒的に安いですが、ハイクオリティな工業製品などは日本と同じかそれ以上の価格になっています。

一時帰国中に安いモノを買いこむことで、生活コストを下げることが可能です。

5年間ベトナムドン預金した男の末路

自己紹介宮内健吾(仮名)、29歳の時に資産たったの1500万円でセミリタイア。

少々の労働収入と投資収入でベトナム生活を満喫していたところ、コロナ禍で仕事を失い暗転。

詳しくはプロフィールをお読みください。