ホーチミン市東の果てにマンションを買った男の末路

私も物件を持っているホーチミン市東部の一大プロジェクト、ビンホームズグランドパークの現況をお知らせします。

2019年〜2021年のグランドパーク

2019年時点では何もない野原に建設が進められているという状況でした。

ホーチミン市グランドパーク

2019年に書いた記事→900万円台で買える新築マンションVinhomes Grand Parkを視察してみたら周辺はド田舎だった

2020年8月に入居した時点でも居住者はまばら、テナントもオープンしておらず、さながら中国鬼城のような様相を呈していました。

2021年上半期から入居者、テナントともに徐々に増え始め、同年10月からはコンビニを中心に出店が加速。

マンションエリアから出なくても生活できる環境が整いました。

Grandpark, Hochiminh city

2021年に書いた記事→ホーチミン市で私が買ったコンドミニアムを紹介します

2022年のグランドパーク

今年はさらに便利になっています。

私立学校ができた

Vinschoolが開校しました。

Vinschool

幼稚園から12年生(高校)まであるようです。

ちなみに年間学費は40万円(7000万ドン)ぐらいです。

スタバもできる

スターバックス

スターバックスもオープン予定です。

ベトナムのスタバは日本と同じぐらいの値段で、他のコーヒーチェーン店の2倍ぐらいの価格帯ですが平日でも混雑しています。

私もスタバに平気で行けるセレブになりたいものです。

家賃上昇

家賃は去年より上がっています。

1ルームで35,000円(550万ドン)前後、2ベッドルームで48,000円(850万ドン)前後といったところです(いずれも家具付き)。

物件価格は横ばい

肝心の物件価格は2年前からあまり変わってないようです。

円安なので円換算では20%ほど上がっており、1平米20万円ぐらいです。

利回り

利回りは4.9%ぐらいです。

銀行定期預金が9%超えているので、この数字はかなりショボいです。

不動産利回りと預金金利を考えるとき、いつもナニワ金融道のこの場面を思い出します。

肉欲棒太郎
肉欲棒太郎
【ナニワ金融道138発目より】

「不動産利回りが銀行預金金利より低いのはおかしくない?」という、後に肉欲棒太郎の奥さんになる女性の指摘です。

この理屈で考えると、ビンホームズグランドパークは40%ぐらい値下がりしてようやく適正価格と言えるかもしれません。

ちなみにナニワ金融道はスキマで登録なし・合法無料で全話読めます

まとめ

グランドパークは利回りは低いものの、街としては順調に育っているようです。

今後の発展と物件価格上昇が楽しみです。

ベトナムマンション関連記事はコチラ

著書紹介

Amazon 売れ筋ランキング(無料本)
✔海外旅行ガイド部門1位獲得
✔歴史・地理部門1位獲得

住んでわかったカオスで面白いベトナム

Amazonボタン

自己紹介宮内健吾Ⓐ、29歳の時に資産たったの1500万円でセミリタイア。

少々の労働収入と投資収入でベトナム生活を満喫していたところ、コロナ禍で仕事を失い暗転。

詳しくはプロフィールをお読みください。