900万円台で買える新築マンションVinhomes Grand Parkを視察してみたら周辺はド田舎だった

建築中のマンションを暇潰しに視察してきました。

視察と言ってもツーリングがてら建築現場と周辺の雰囲気を見てきただけですが、ホーチミン郊外の風情も面白いものがあるのでシェアします。

ビンホームズ グランドパーク(Vinhomes Grand Park)

グランドパークはベトナムが誇る超大手企業ビングループの子会社ビンホームズ(Vinhomes)が開発する案件です。

場所は9区で、ホーチミンの中心地からは20キロ離れています。

ビンホームズ・グランドパークは271haの広大な用地で開発し、住宅区だけでなく、金融、商業、サービスから教育、医療、娯楽などに至るまで、様々な施設を擁する本格的なコンパクトシティとなる。【ベトジョー「ビンホームズ、ホーチミン9区でスマートシティ開発」より引用】

マンションのみならず街を一つ作っちゃうという壮大なプロジェクトということです。

グランドパークのマンション価格

VINACOMPASSによると2ベッドルームは約967万円だそうです(1円=215ドンで計算、VAT&修繕費込み)。

2019年7月に発売開始になったばかりです。

9区までの道のり

前述の通り、ホーチミン中心地(1区)からグランドパーク(9区)までは20キロ程度で、これは新宿駅から小岩駅までと同じぐらいです。

新宿から小岩まで移動しても大して景色は変わりませんが、ホーチミン1区から9区まで移動するとガラリと雰囲気が変わります。

▼既に地価高騰したビンタン区(1区の隣)の様子。左にニョキっと生えてるのがベトナム最高層の建物ランドマーク81。
ランドマーク81

▼東に走るとだんだん未開発感が出てきます。
ホーチミン郊外

▼9区に入ると大きなビルは見当たりません。
ホーチミン9区

▼もはや田舎と言っていいレベルですが、これも大都会ホーチミンの一面です。
ホーチミンの田舎

▼そんなエリアに突如現れるのがグランドパークです。写真中央に見えるビル群が建設中のそれです。
ホーチミン9区グランドパーク

▼Grand Park近影。
ホーチミンGrand Park

ホーチミン9区マンション

▼周辺は閑散としています。
サイゴンの郊外

サイゴンの田舎

▼バインミーが10,000ドン(47円)。1区だと普通15,000~20,000ドンなのでかなり安い。
安いバインミー

このように現在のグランドパーク周辺は率直に言ってド田舎ですが、Vinhomesの開発によってどのように発展していくのか要注目です。

KIENAのcitiAlto(2区)

ホーチミン2区の建設中マンション

ついでに2区のcitiAltoも見てきました。

City Altoはグランドパークよりは中心地から若干近く、統一会堂から16キロです。

citiAltoのマンション価格

仲介業者によって提示している価格が違うのではっきりわかりませんが、グランドパークよりは安いようです。

たぶん2ベッドルームで800万円~900万円といったところでしょうか。

グランドパークより安い理由

1区の中心地から近いにも関わらずグランドパークより安い理由の一つは、開発業者の違いによるものと思われます。

手抜き工事が横行するベトナムでは立地と同じぐらいにデベロッパーが重視されます。

citi Altoを手掛けているのはKIENAという開発業者で、そこそこ大手ですが絶対王者ビンホームズと比べると圧倒的格下です。

ビンホームズが手掛けたマンションは信頼性が高く、売却時にも買い手がつきやすくなります。

また、ビンホームズならプロジェクトを途中で断念ということはほぼ有り得ませんが、他のデベロッパーなら資金不足などで中断するリスクが有ります。

そういった点が売り出し価格に反映されているのかもしれません。

citi Alto周辺

▼建設中? 大部分は完成しているように見えます。
ホーチミン2区のマンション

▼遊んでいる土地が多いですが、そのうち何か作るんでしょうか。
ホーチミン郊外のマンションcityalto

ホーチミン郊外の建設中マンションcityasoho

▼周辺にはポツポツと店があります。
ベトナムのホーチミン二区

ホーチミンはまだまだ発展しそう

世界中の多くの国と同様に、ベトナムでも都市化が進み、ホーチミンの人口はしばらく増え続けるでしょう。

今後の発展が楽しみです。

※不動産価格が上がるかは知りませんので悪しからず。



自己紹介

20代で死ぬほど働いて1500万円貯めてセミリタイア。

現在は少々の労働収入と投資収入でベトナムを拠点に生活しています。

詳しくはこちらの記事をお読みください。