eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を約38万円買い増ししました

S&P500が買い増しラインまで下落したので、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を買いました。

S&P500は22.5%下落

S&P500

S&P500は年初からぐんぐん下がり、ついに最高値から22.5%の下落となりました(6月15日時点)。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を買い増し

前々から宣言していた通り、20%超下げたので追加投資しました。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を378,684円買い増しです。

資金は外貨MMFを両替して捻出しました。

本当は100万円ほど買いたかったのですが、使える米ドルがこれだけしかないので、とりあえず38万円だけ投資です。

ポートフォリオ(不動産除く)

38万円はポートフォリオ(不動産除く)の2%に過ぎないので、割合はほぼ変わりませんでした。

債券を売るべきか

ゴールドマンサックス社債(2025年10月償還、年利4.25%)を額面1万ドル分保有しているので、これを売却して投資信託購入資金に充てることも検討しました。

しかし、市場金利上昇により債券価格が下落し、買取価格が9,679米ドルになってしまいました。

あと3年4カ月待てば1万ドル償還されて利息も合計1,020ドル(税引き後)ほど受け取れるので、利回りは約4%になります。

2025年10月までのS&P500の利回りが4%を超えると予想するならこの社債を売って株を買うべきですが、どうなるかわからないのでとりあえず社債ホールドしておきます。

米国株の今後予想

ツイッターでは

これからがほんとうの地獄だ…

的な発言も増えてきましたが、シーゲル教授はポジティブな発言をしています。


また、予想EPSを255、PERを15倍とするとS&P500は3825となり、現在の価格は既に適正水準に達しているという見方もできます。

しかしEPSはこれから下方修正されていくという予想もあるので、結局わかりません。

今後もちょいちょい買い増ししていきます。

最後に、予想S&P500計算フォームを置いておきます。

下記の長期金利予想などを参考に、適当に数値を入れて一喜一憂してください。

計算方法などについてはこちら→株価下落により半月で150万円溶けるもイールドスプレッド的にはまだ落ちそう




予想S&P500:xxxx
史上最高値(4818.62)と比べて、xx%です。
2022年6月15日の値(3789.99)と比べて、xx%です。

長期金利(米国10年国債)各社予想✔ ゴールドマンサックス
22年末:3.3%
23年末:3.15%
✔ CAPITAL ECONOMICS
23年央:3.75%
✔ Advocate Capital Management
22年末:4%
23年末:5%

【出典:MNI MARKET NEWSCAPITAL ECONOMICSMARKETWATCH
イールドスプレッドの基準割高:3%未満
割安:3.8%~4.0%
2011年以降平均:2.776%
【出典:フジトミ証券

富裕層のふりをしてリゾートホテル商談会にもぐりこんだ話→リゾートホテル会員権の販売会に行ってきました

自己紹介宮内健吾(仮名)、29歳の時に資産たったの1500万円でセミリタイア。

少々の労働収入と投資収入でベトナム生活を満喫していたところ、コロナ禍で仕事を失い暗転。

詳しくはプロフィールをお読みください。