2020年テト(旧正月)であげたお年玉金額、お年玉相場

ハリー・ポッターを観るなら<U-NEXT>31日間無料トライアル

一応公式にはテトが終わりました。会社休みはまだ続くところが多いようですが。

テトであげたお年玉金額

今年は以下の金額を渡しました。

友人の子供(5歳) 2万ドン(93円)
友人の子供(4歳) 5万ドン(233円)
友人A(社会人) 5万ドン(233円)
友人B(社会人) 10万ドン(465円)

▼ドラえもんのお年玉袋、5枚12,000ドン(56円)
ドラえもんのお年玉袋

去年の調査では2万ドンがミニマムという結論でしたが、今年は2万ドン上げたらケチ扱いされました。

5万ドン包むのが無難なようです。

友人Bには10万ドン持っていかれましたが、これは

「当たりの袋(10万ドン)と外れの袋(2万ドン)を提示してどちらか一つ選ばせる」

という一種のくじ引きを実施したところ、見事に10万ドンを引かれてしまったという顛末です。

こういうお年玉くじは友人間でよく行われるようです。

例えば4人が5万ドンずつ出して、

1万ドン、4万ドン、5万ドン、10万ドン

の袋を作り、シャッフルして一人一つずつ選ぶというやりかたです。

ギャンブル好きなベトナム人らしい遊びです。

ブラックジャックで12万ドン負け

テトで親戚や友人が集まると、たいていトランプゲームのブラックジャックが始まります。

「最初の2枚でAが揃うと最強」などのローカルルールがあって若干戸惑いますが、何回かやれば慣れます。

1回あたり5,000ドン(23円)から2万ドン(93円)ほど賭けます。

私は2万ドンずつ賭けてプレイしたところ、1時間で12万ドン(559円)負けました。

ベトナム人はしょっちゅうやっているだけあって、舐めてかかると負けます…。

自己紹介
20代で労働&節約により1500万円貯めてセミリタイア。
現在は少々の労働収入と投資収入で暮らしています。
詳しくはこちらをご覧ください。