インドネシアのバリ島はベトナムより物価が安いのでセミリタイアにオススメ

2019年2月24日

2018年の10月にインドネシアのバリ島に行ってきました。
バリ島旅行は今回が初めてです。

渡航前のバリ島のイメージ

⚫ギラギラ観光地っぽい
⚫物価高そう
⚫インスタ映え系女子が行くところ
⚫サーファーが好きそう
⚫元野球選手の新庄剛志が住んでいる

という陽キャ御用達観光地のイメージを持っていて、バックパッカー時代から一度も行ったことがありませんでした。
しかし3週間滞在した結果、ガラリとイメージが変わりました。

バリ島は物価が安く、多様な過ごし方を提供する天国です。

物価が安い

貧乏セミリタイア民として一番気になる物価ですが、これが意外なことに非常に安いです。

ローカル定食屋にて。

15490736582460.jpg

これはなんと61円
ベトナムの田舎でも100円ぐらいはします。

15490736717851.jpg

こちらは卵がのっているので若干高いですが、それでも85円

15490737539123.jpg

屋台の揚げ物は驚異の1個8円

インドネシア料理に飽きた場合、町の中心エリアに行けば西洋料理屋が山ほどあります。
ローカルフードの10倍ぐらいの値段になりますが、これも普通においしい。
後進国の西洋料理屋は高い割に全然おいしくないことがよくありますが、バリ島は欧米人がオーナーのレストランも多く、クオリティが非常に高いです。

安宿もレベルが高い

バリ島は安宿もコスパが高いです。

15490841593214.jpg

ウブドNhu Gading Accommodation Ubud(エアコン無し) 1泊923円

15377704756441.jpg

ウブド ベラハウスモンキーフォレスト(エアコン無し) 1泊1,107円

このベラハウスモンキーフォレストは無料の朝食が至高でした。

ウブド朝ご飯

ウブド朝ご飯

ウブド安宿

サンドイッチ+フルーツ+コーヒー。
ホーチミンのバックパッカーストリートだとこのセット料理だけで500円ぐらい掛かってもおかしくありません。

ロビナ安宿

ロビーナ プリマンダラロビーナ(エアコン無し)
1泊1,038円

ロビーナはバリ島の北端の町で、ここまで来る観光客は少なく、閑静な雰囲気があってなかなか良いです。

ちなみに10月はバリ島全体でさほど暑くなく、扇風機で充分でした。

賑やかなのはクタの一部だけ

私がイメージしていたバリ島はクタエリアの中心だけでした。

このへんは欧米人向けのバーやクラブが並びます。

クタ中心地から南に30分ぐらい歩くと、一気にローカルの雰囲気になり、安食堂や屋台が楽しめます。

私がバリ島に住むとしたら、クタの南の10ドルぐらいの宿に住みつつ、たまにクタ中心地に出てピザでも食べるという生活になるでしょう。
たぶん月5万円以下で生活できるはずです。

他のセミリタイア移住候補地はこちら


自己紹介

20代で死ぬほど働いて1500万円貯めてセミリタイア。

現在は少々の労働収入と投資収入でベトナムを拠点に生活しています。

詳しくはこちらの記事をお読みください。