日本で14日働くとベトナム1年分の食費を稼げる

ベトナムは近年物価が上がっていると言われつつも依然として日本より遥かに物価が安く、食費は1日350円程度に収まります。

計算上、日本で14日働けばベトナムでの1年分の食費を稼げるということになります。

ベトナムでの食費

ベトナムでの食費は1食100円~150円程度です。

フォー93円~140円、バインミー(サンドイッチ)56円~93円、屋台の定食116円といったところです。※1ドン=215円で計算。

▼116円のフォー
フォー

「1日1回は日本食を食べないと嫌だ」とかいう人はともかく、私のようにローカルフードで満足できる人間は平均食費は1日当たり350円程度になります。

つまり350円×365日=127,750円が年間の食費となります。

14日分の賃金=ベトナム1年分の食費

日本で派遣社員として働くと時給1,200円ぐらいは貰えるそうですね。

8時間×1,200円×14日=134,400円ということで、14日働けばベトナム1年分の食費を稼げる計算になります。

もっとも、税金等で引かれるので現実にはこの通りにはいきませんが。

ただ、この数字を知っていると、日本で働く時のモチベーションになります。

私は日本で残業すると残業代1時間2,100円ぐらい貰えるので

「今日は残業2時間したからベトナム12日分の食費を稼いだ」

という風に労働の励みにしております。

ベトナム人の時給は100円前後

ホーチミン市での一般的なアルバイト(コンビニやファーストフード店)の時給は100円前後です。

フォーは1杯93円~140円ですので、ベトナム人は1時間働いてもフォー1杯食べられない場合があるということです。

そういう状況なので、ベトナム人は借金してでも日本に行くわけです。

日本へ自由に出稼ぎに行っていくらでも働ける日本人は、非常に幸運であると言えます。

このアドバンテージを活かして今後もセミリタイア生活を続ける所存です。



自己紹介

20代で死ぬほど働いて1500万円貯めてセミリタイア。

現在は少々の労働収入と投資収入でベトナムを拠点に生活しています。

詳しくはこちらの記事をお読みください。