ベトナムドンが半分を占めるイカれた資産内容を公開します

2019年4月18日

アセットアロケーションとポートフォリオってどう違うのかいつも忘れてしまいます。

今回記事を書くにあたって調べてみたら、以下のような使い分けがあることがわかりました。

アセットアロケーションの例

⚫日本株:50%
⚫米国株:30%
⚫中国株:20%

ポートフォリオの例

⚫トヨタ株50%
⚫Amazon株30%
⚫アリババ株20%

つまり、資産クラスの配分を示すのがアセットアロケーションで、具体的な銘柄の割合を表すのがポートフォリオだということです。

まあ日本ではほぼ同じ意味で使われているので、どうでもいいと言えばどうでもいいのですが、私は「快楽殺人者」『シリアルキラー』とかいうルビが振ってあると気になるタイプなので、当ブログでは区別していきます。

以前、ベトナムドン建資産については公開しましたが、総資産を公開するのはなんとなく不安なので、ぼかしてきました。
が、テトで切りが良いここらでやってみるかということでアセットアロケーションを公開することにしました。

2019年2月のアセットアロケーション

Screenshot_20190204_145933.png

aacmaker (1).png

※「キャッシュ」は現金及び現金同等物(預金やMMF)を意味します。

ご覧の通り、42%をベトナムドン預金が占めるイカれた配分です。
「アホやなあ、ベトナムドンなんかで持ってたら通貨安で損するやろ」
と突っ込む人が結構いると思いますが、ベトナムドン預金の利回りは2000年以降年率5.95%です。

参考

株はほぼ全てETFで、米国株はVTI、VYM、IVV、米国除く世界株はVEUです。
ベトナム株はベトナム国産ETFのE1VFVN30を保有しています。
一時期ベトナム株は世界トップクラスの上昇率を誇りました。

参考

私の保有評価額も200万円近くになりましたが、2018年4月をピークにベア相場に転じ、現在は140万円前後に下がっています。

米国社債は、ゴールドマンサックスのしょぼい既発債をなんか血迷って買ってしまいました。税引き後利回り2.8%とかのしょーもない社債なのでさっさと処分したいですが、途中売却すると元本割れするので、償還まであと7年持ち続けるでしょう。

「金貨」は昔買った1オンスウィーン金貨です。消費税10%になったら売ります(金は売却時に消費税を受け取れるので)。

通貨別割合

aacmaker (2).png

通貨別ではベトナムドン建50%、米ドル建40%、日本円建10%となっています。
日本にいるのは年に数ヶ月しかないし、今後も日本で永続的に生活することは考えていないので必然的に日本円比率が下がっています。
円高に振れたタイミングで日本円を米ドルに替えるようにしています。
また、ブログでは便宜上円換算で表記していますが、実は円換算での数字は気にしていません。私にとって日本円はもはやローカル通貨の一つに過ぎないので、資産の増減や投資の損益は米ドル換算で考えています。

まとめ

総資産公開はためらっていましたが、資産公開ブログは数あれど、ベトナムドンに50%ぶちこんでる奴はそういないだろうということで公開してみました。

「世の中にはおかしな奴がおるわ」
と思っていただけたら幸いです。

参考


自己紹介

20代で死ぬほど働いて1500万円貯めてセミリタイア。

現在は少々の労働収入と投資収入でベトナムを拠点に生活しています。

詳しくはこちらの記事をお読みください。