2020年上半期6ヶ月間の生活費・支出まとめ

ハリー・ポッターを観るなら<U-NEXT>31日間無料トライアル

コロナ禍の2020年も半年が過ぎました。

上半期6ヶ月間の生活費などを集計します。

2020年1月~6月の生活費

 


 
 

食費

30日平均11,230円

1,2月は一人暮らしで3月以降は二人暮らしなので性質が違うデータが混ざってしまっていますが、食費はだいたい1人1ヶ月8,000円前後です。

私も同居人も毎日同じ献立でも平気なタイプなので、朝はツナサンドイッチ、昼はカレーライスというラインナップが週5日、2ヶ月間ほど続きました。

▼カレーライス。一人分約116円
カレー

さすがに週5日カレーは脂摂取しすぎて体に良くないんじゃないかということになって最近はカレーの登板が少なくなりました。

交通費

30日平均1,056円

社会的隔離政策により外出できない期間があったことと、ガソリン価格下落により交通費が少なく済みました。

ガソリン価格はリッター60円ぐらいです。

雑費・娯楽費

30日平均21,118円

交際費や生活必需品購入などなんだかんだで月平均2万円オーバーしてしまいました。

一切の付き合いを絶って完全引きこもり生活をすればこの項目は数千円になります。

宿泊費・家賃

30日平均23,438円

Facebookで見つけたローカルアパートに住んでいました。

ベトナムアパート

関連記事▶ホーチミンで家賃23,256円のアパートを3ヶ月契約しました

ここは大家がアパート内で犬を放し飼いにしています。

ベトナム犬

私は犬は好きなので最初のころはよく撫でてやっていたのですが、「ベトナムの飼い犬はあまり清潔ではない」と同居人にアドバイスされたので途中から犬を避けるようにしたところ、部屋の前に小便垂れるという嫌がらせをしてくるようになりました。しかも毎朝。

仕方ないのでまた撫でてやるようにしたらピタリと嫌がらせを止めました。

マンションを購入したので7月からそちらに入居する予定でしたが、完成が数週間遅れるとのことで、今は彼女の実家でマスオさん生活しています。

関連記事▶ベトナム・ホーチミンで2LDKマンションを購入しました。

合計

30日平均56,841円

生活費は月平均5万円台となりました(但しビザ代などは別)。

引きこもり生活をすれば3万円台も可能です。

実際、2018年3月にほぼ引きこもり生活をしてみたところ、支出35,250円に収まりました。

関連記事▶ガチれば月2万円で暮らせる貧乏セミリタイア生活—3月の支出

ただ、引きこもり生活するならコスト面から考えてホーチミン市より地方都市のほうが良いでしょう。

家賃が安いので月2万円台生活も可能なはずです。

生活費以外の費用

例年、3ヶ月ビザが切れたらベトナムから出国していたのですが、コロナ禍によりそれが不可能になり、高い金を払ってビザ更新するはめになってしまいました。

関連記事▶観光ベトナムビザ、3回目の更新(3ヶ月延長)しました。費用・日数などまとめ

セミリタイア生活6ヶ月間の合計支出

半年間の合計支出は460,577円でした。

1ヶ月日本に帰れば45万円ぐらい稼げるのですが、コロナ禍でそれもできず、全赤字です。

関連記事▶セミリタイアおじさんが日本出稼ぎ1ヶ月で45万円稼いだ方法

今年終盤は日本で仕事がある予定なので、そこで挽回していきたいです。

関連記事▶2020年7月の資産状況~マンション購入で含み損

自己紹介
20代で労働&節約により1500万円貯めてセミリタイア。
現在は少々の労働収入と投資収入で暮らしています。
詳しくはこちらをご覧ください。