新型コロナウイルスでセミリタイア生活破綻か

周知の通り、新型コロナウイルス(Covid-19)の影響で株価やドルが下落しています。

私の資産もここ数週間で100万円以上溶けました。

事態が終息しない場合は日本での仕事も消滅し、今年は労働収入ゼロになってしまいます。

セミリタイア生活破綻の足音が聞こえてきました。

最近の資産額推移

▼1ヶ月ごとの資産額推移。
資産額推移セミリタイア

見事に逆V字になっています。

3月以外は月初時点でのデータなのでグラフに表れていませんが、1月下旬は2200万円に到達していたので、最高値と比べると資産110万円ほど消滅したことになります。

下がった資産クラス

◼️年初来高値からの下げ幅

資産 下げ幅
米国株 13.5%
ベトナム株 6.9%

ベトナム株が意外と下がっていませんが、新型コロナウイルス禍の前、11-12月で結構下落していたので下げ幅も比較的少なくなっているということかもしれません。

上がった資産クラス

一方で債券は上がりました。

VGLT(米国債券ETF) は年初から21%の上昇となり、株価下落のクッションとしての役割を果たしています。

▼VGLTと米国株(IVV)の最近1ヶ月の値動き。[Bloomberg.co.jpより]
VGLTと米国株

私は1月下旬にeMAXIS Slim全世界株式(除く日本)を100万円分買ってしまいましたが、同時に米国債券ETFも100万円分購入したので、この二つを合算するとほぼプラマイゼロで済んでいます。

参考▶eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)を100万円買いました

参考▶米国長期国債ETFのVGLTを100万円購入しました/債券も大事です

資産額は大幅減少か

株が20%や30%下がるのは10-20年単位で見ると些末な話なので実は大して気にしていません。狼狽売りせずにホールドするだけです。

問題は、今年は日本での仕事がないかもしれないということです。

昨年は労働収入とヤフオク収入で合計150万円近くありましたが、今年はこれがないとなると大きな痛手です。

2014年にセミリタイア生活を開始して以来、平均100万円超ペースで資産を増やしてきましたが、今年はついに資産額が下落に転じる(それも大幅に)かもしれません。



自己紹介

20代で死ぬほど働いて1500万円貯めてセミリタイア。

現在は少々の労働収入と投資収入でベトナムを拠点に生活しています。

詳しくはこちらの記事をお読みください。