【追記あり】2021年はオンラインで稼いでセミリタイア生活を立て直します

2021年1月8日

アドブロッカーなどを使用している場合、画像が表示されないことがあります。

2020年はコロナ禍により労働収入ゼロでした。

2019年までは、1年のうち数ヶ月は日本で出稼ぎして生活費を得て、残りはベトナムを中心とした東南アジアで生活していたのですが、コロナにそのライフスタイルをぶっ壊されました。

関連記事▶セミリタイアおじさんが日本出稼ぎ1ヶ月で45万円稼いだ方法

そのうち元に戻るだろうと思い、2020年は1年間だけ完全リタイアという気持ちでだらだら過ごしましたが、2021年もこの状況が続くっぽいのでちょっと焦ってきました。このままでは資産が減る一方です。

オンラインで稼ぐ

そこで2021年はオンラインで労働して収入を得ることにしました。

オンラインで稼ぐといっても「毎日6万円配当金をもらえます」とかの怪しげなやつではなく、ネットで仕事して時給1000円ぐらい頂くというまっとうな生業です。

とりあえず既に2つはアルバイト先が決まりました。

これで月数万円はいけるかな? というところです。

年間目標100万円とすると、時給1000円で1000時間働けば到達します。

つまり週20時間労働です。

これぐらいならストレスなく働けそうです。

星新一が予見した未来

星新一が書いた「ものぐさ太郎」という短編小説があります。

『外出するのもおっくうななまけ者が電話だけで金を稼いでいく』

という筋です。

正にこの小説のように、外出せずに日銭を稼げる時代になりました。

ローコスト&ロー収入&ローストレスでコロナ時代を生きていきます。

【追記】就労ビザが必要かもしれない

よく調べたら「テレワークでベトナム国外の仕事をする場合でも就労ビザが必要」という情報もあるので、いったん中止します。

自己紹介

宮内健吾(仮名)、29歳の時に資産たったの1500万円でセミリタイア。

少々の労働収入と投資収入でベトナム生活を満喫していたところ、コロナ禍で仕事を失い暗転。

詳しくはプロフィールをお読みください。