ビンホームズグランドパークの家賃が上がっている模様

我がマンション、ビンホームズグランドパークの家賃相場が上昇しています。

日本語では情報がほとんど無いのでまとめてみました。

前年比100万ドン上昇

去年は2ベッドルーム1バスルーム(家具付き)の家賃相場が600万~700万ドンでした。

現在は700万~800万といったところで、水準が100万ドン上がっています。

▼提示家賃の一例
グランドパーク家賃

マンションに関するベトナム語PN:寝室
Full nội thất:家具全部付
bếp rèm:キッチンとカーテン
tr;百万

以下、上掲の募集投稿の翻訳です(家具付き物件のみ抜粋)。

部屋タイプ 家賃(VND) 家賃(円)
スタジオ(1ルーム) 550万~600万 28,205~30,770円
1ベッド 650万~700万 33,333~35,897円
2ベッド1バスルーム 700万~800万 35,897~41,026円
2ベッド2バスルーム 700万~900万 35,897~46,154円
3ベッド 850万~900万 43,590~46,154円

これは提示家賃なので、ここから交渉で若干下がる可能性はあります。

また、あくまでも一例なので、探せばもっと安い物件もあるかもしれません。

家賃上昇の理由

家賃が上がった理由として、以下の2点が考えられます。

ホーチミン市に人が戻ってきた

昨年はロックダウンで多くの市民が地方へ脱出しました。

現在、ベトナム政府は去年と打って変わってコロナ無視政策を採っています。

これを受けてようやく地方の人々がホーチミン市に戻ってきたのではないかと思います。

マンションが便利になった

去年10月まではマンション内にろくなテナントが入っておらず、しょぼいミニマートが数軒とカフェが5、6軒あるだけでした。

ロックダウン終了後にテナント出店が一気に進み、今ではファミマ・セブンイレブン・GS25などのコンビニからWinmartなどのスーパー、銀行、美容室まで揃っており、マンション敷地内から一歩も出ずに生活することが可能になっています。

▼セブンイレブンは現在4軒オープンしています。
セブンイレブン

テレワークやリタイア民におすすめ

グランドパークの唯一の欠点は都心から遠いということですが、出勤する必要がないノマドワーカーやテレワーク民、リタイア民にはオススメです。

詳しくはコチラ→ホーチミン市で私が買ったコンドミニアムを紹介します

自己紹介宮内健吾(仮名)、29歳の時に資産たったの1500万円でセミリタイア。

少々の労働収入と投資収入でベトナム生活を満喫していたところ、コロナ禍で仕事を失い暗転。

詳しくはプロフィールをお読みください。