今月ベトナムで買った物2022年6月

まだベトナムにいます。

今月ベトナムで消費した主なモノを金額・クオリティーとともに紹介します。

マンゴスチン

マンゴスチンをよく見かける季節になりました。

マンゴスチン路上

マンゴスチン購入価格・ウィンマート:1キロ当たり9.9万ドン(581円)
・路上販売:1キロ当たり5万ドン(294円)

大手スーパーマーケットのウィンマートで買った帰り道に、路上販売でほぼ半額で売っているのを見かけ、比較のためにそちらも購入しました。

↓左が路上販売、右がウィンマート
マンゴスチン比較

ご覧のとおりウィンマートマンゴスチンは大きさも路上販売モノの2倍ぐらいあります。

マンゴスチン

しかし味はさほど変わりません。

両者の価格差は単に流通の違いによるものではないかと思います。

そもそもマンゴスチン自体、私は初めて食べましたが、

旨いっちゃ旨いけど、一瞬で終わる

という感想でした。

1個1~2万ドンする割に一口で食べ終わってしまうので、そこそこ高級フルーツという印象です。

ドラゴンフルーツのほうがコスパ良いので、マンゴスチンは多分二度と買いません。

RPGツクールMZ

RPGツクールMZ

これは彼女に買ってもらいました。

RPGツクールってどこで買っても同じだろ

と思われるでしょうが、実は国によって価格が違います。

ゲーマーには常識らしいですが、ゲーム販売プラットフォームのSteamは国によって販売価格が異なり、先進国は高く後進国は安くなっています。

RPGツクールMZの場合、日本での価格は5,266円です。

一方、ベトナムでの価格は2,213円(378,000ドン)です。
RPGツクールMZ

ということで、ベトナムでは日本で買うより60%近く安いです。

創作を趣味にすると無限に楽しめるのでオススメです。

また、ブログ記事において実際の写真を使えない場合の再現画像としても使えます。

たとえば ↓2021年に住んでいたアパートの間取り
間取り

幸福堂のタピオカミルクティー

彼女がタピオカドリンク好きなので、週に1回ほどタピ活しています。

Tocotoco、カフェアマゾンなどで飲んできましたが、台湾発の幸福堂(Xing Fu Tang)はレベチでした。

↓幸福堂のタピオカミルクティー 6.8万ドン(398円)
幸福堂のタピオカミルクティー

一般的なチェーン店のタピオカドリンクが3万ドン前後なので、幸福堂はその2倍以上の値段設定ですが、確かに2倍ぐらい旨いです。

幸福堂ベトナム

↓表面をあぶっています
幸福堂ベトナム

↓おみくじを引けます
幸福堂ベトナム

↓おみくじ
幸福堂ベトナム

しかし台湾では250円ぐらいらしいので、わざわざベトナムで飲むべきかどうかは微妙なところです。

関連記事→海外在住 底辺FIRE民の衣食住

自己紹介宮内健吾(仮名)、29歳の時に資産たったの1500万円でセミリタイア。

少々の労働収入と投資収入でベトナム生活を満喫していたところ、コロナ禍で仕事を失い暗転。

詳しくはプロフィールをお読みください。