15回目の観光ビザ延長が完了。日本行きも検討したが…

2021年9月20日

アドブロッカーなどを使用している場合、画像が表示されないことがあります。

2020年1月に観光ビザでベトナムに入国して以来、ビザ延長を繰り返しています。

ホーチミン市は厳格ロックダウン中ですが、今回も滞りなくビザ延長できました。

コロナ後のビザ更新

コロナ前は3ヶ月ビザでベトナムに入国し、期限が切れるタイミングで出国してミャンマー・インドネシアなどを旅行していました。

2019年5月▶【ミャンマー】カローはミャンマーで住みたい町No.1

2019年10月▶バリ島でバイクの運転免許を取得しました。費用・時間・手続き

しかしそんなバガボンド生活も今では遠い過去の話になってしまいました。

幸いコロナ後は特例措置で何度でもビザ更新できるようになったので、エージェンシーに依頼して延長を繰り返しています。

ビザ延長費用

今回もビザ更新料金は1ヶ月105米ドルでした。

今年前半と比べて2倍近くになっています

現在1ヶ月毎でしかビザ延長できないので、ベトナム滞在を続けるために毎月手数料を払っている状態です。

今年だけで77,000円ほどビザ代に費やしました。

大きな出費ですが、ベトナムではただの無職外国人なので滞在させてもらえるだけでも有難いことです。

なお、エージェンシーは毎回 Vietkite Travel を利用しています。

エージェンシー

ロックダウンでも延長できた理由

ホーチミン市は買い物すら禁止の厳格ロックダウン実施中ですが、そんな中でもビザ延長できたのは、パスポートをエージェンシーに預けっぱなしだからです。

ロックダウン中にパスポートなんて使う機会がないので、5月のダナン旅行から帰ってきて以来ずっと預けています。

関連記事▶危うくビザ延長が間に合わず飛行機に乗れないところだった件

当のエージェンシーはあの厳しい移動制限の中どうやって役所まで行ったのか謎です。そもそも役所が開いていたのが驚きです。

いつもは延長スタンプはハノイですが、今回はホーチミン市でした。

ビザスタンプ

エージェンシーもいろいろと苦労していそうです。

日本行きも検討

終わりの見えないロックダウンに私も同居人もうんざりで、

もう日本に行く?
いいじゃん! 日本行こう!

というやりとりがあり、夢の国ニッポンに住むというアイディアに二人ともテンションが上がって賃貸アパートや求人を検索するところまでいきましたが、冷静に考えると日本行きにはいろいろと障壁があるということで、今回は見送りとなりました。

ベトナム経済崩壊物語にもうしばらく付き合ってみます。

自己紹介

宮内健吾(仮名)、29歳の時に資産たったの1500万円でセミリタイア。

少々の労働収入と投資収入でベトナム生活を満喫していたところ、コロナ禍で仕事を失い暗転。

詳しくはプロフィールをお読みください。