ベトナムドンの対ドル利回りが5%を突破

2019年2月17日

毎月恒例のインフレ率発表が一昨日ありましたので、実質金利などとのデータをまとめました。

項目 数値
金利(18年12月) 8.10%
インフレ率 3.46%
為替下落率 2.68%
実質金利 4.64%
対ドル利回り 5.42%

●インフレ率と実質金利
前年同月比インフレ率は3.46%となり、4か月連続で4%を下回る安定水準となっています。
今年5月に4.67%まで上昇したときはちょっと焦りましたが、その後はほぼ毎月下がっています。

結果、名目金利(この場合12か月定期預金金利とします)からインフレ率を引いた実質金利は4.64%となりました。

●為替安と実質利回り
最も重要なのは、実質利回りです。
金利が8%あっても、10%の為替安となったら利回りはマイナス2%となり、その通貨では預金しないほうがいいという話になります(トルコリラがこのパターン)。

ベトナムドンの対ドル為替レートは、12か月前と比べて2.68%の下落となりました(ちなみにここ10年間の平均値とだいたい同じぐらいです)。
去年の12か月定期金利は8.1%だったので、実質利回りは5.42%でした。
米国1年国債の金利が1.7%ぐらいだったことを考えると、リスクに見合ったまずまずの数字と言えるでしょう。

ここ10年間の利回りはこちらをご覧ください。

10年前にベトナムの銀行に100万円預金していたら、現在日本円でいくらになっていたか

金利推移はこちら

【随時更新】最新ベトナム銀行預金金利, 実質金利, 対ドル利回り

私が保有するベトナムドン資産内訳はこちら

ベトナムドン建て資産約1000万円の内訳2018年7月

ベトナムのおすすめ銀行についてはこちら

ベトナムの銀行でオススメはSCB



自己紹介

20代で死ぬほど働いて1500万円貯めてセミリタイア。

現在は少々の労働収入と投資収入でベトナムを拠点に生活しています。

詳しくはこちらの記事をお読みください。