ベトナムの株価を語るうえで、マーケット・ベクトル・ベトナムETF(VNM)は参考にならない

2019年2月17日

ベトナム関連のETFで最も純資産額が大きいのが

マーケット・ベクトル ベトナムETF (VNM)

です。
投資ブログで「ベトナムに投資するならこれ」とオススメされていることが多く、「ベトナムの株価の動向」といったテーマでも参考にされていることが多いのですが、実際のところ、このETFは現実のベトナム株の動きを反映しているとは言い難いです。

Screenshot_20180218_102234.jpg

ここ5年間のVN INDEXとの比較 (Bloombergより)

VN INDEX はホーチミン市場に上場する355銘柄を対象とした指標です。
ご覧のとおり、VNMが大幅にアンダーパフォームしています。
VN INDEX は現地通貨(ベトナムドン)ベースで、VNMはドルベースという違いがありますが、この5年間でベトナムドンはドルに対して約9%安くなっただけなので、ドル換算でもVNMが大きく下回っています。

Screenshot_20180218_105021.jpg

ここ5年間のドルドンレート(Xe currency より)

このパフォーマンスの違いはベトナム株の外国人投資規制に因るものです。
一部の株を除き、ベトナム株は外国人枠が49%に設定されています。
そのため、海外ETFであるVNMの構成銘柄は偏ったものとなっています。

越南 73.7%
韓国 10.0%
日本 4.79%
台湾 4.13%
英国 3.97%
中国 3.29%

国別で見るとベトナム以外が約26%を占めます。

また、時価総額1,2,5位の軍隊商業銀行、ペトロベトナムガス、BIDV銀行が入っていません。
米国株でいうとアップル、マイクロソフト、フェイスブックが入ってないみたいなもんです。
こういった状況なので、VNMはオススメしません。
私はベトナムに証券口座を持っているので、ベトナム国産ETFであるVN30ETFを保有しています。
信託報酬は0.8%、保有銘柄は30ですが、ホーチミン市場の時価総額の76.6%をカバーしています。




自己紹介

20代で死ぬほど働いて1500万円貯めてセミリタイア。

現在は少々の労働収入と投資収入でベトナムを拠点に生活しています。

詳しくはこちらの記事をお読みください。