前月より100万円増えた資産総額2021年11月

アドブロッカーなどを使用している場合、画像が表示されないことがあります。

11月1日朝時点での資産状況まとめです。

10月は米国株&ベトナム株の大幅上昇と円安効果が相まって、資産総額は前月比+107万円2659万円となりました。

年初来では+583万円です。

アセットアロケーション

種別 金額(円) 割合
米国株 10,529,072 39.6%
ベトナム不動産 7,685,708 28.9%
債券・預金・金・暗号通貨 4,168,623 15.7%
ベトナム株 3,049,904 11.5%
その他株 1,156,593 4.3%
合計 26,589,900

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)をポイントで258円分買い足しました。

売却は無しです。

株式保有銘柄

銘柄 金額(円) 割合
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 3,275,372 22.2%
FUESSV50(ベトナム株主要50銘柄) 3,049,904 20.7%
eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) 2,820,959 19.1%
楽天全米株式インデックスファンド 1,587,868 10.8%
MAXIS ナスダック100 1,458,060 9.9%
IVV(S&P500) 1,368,292 9.3%
VYM(米国高配当株) 866,566 5.9%
QQQ(ナスダック100) 308,548 2.1%
合計 14,735,569

株式は合計1474万円保有しています。

個別銘柄は一切買わず、インデックス投資のみです。

10月は株式だけで100万円ほど増えました。

ほったらかし投資最高です。

株式国別割合

株式のうち92%が米国・ベトナムです。

この2か国の発展に賭けているのが今のところは当たっています。

▼ここ5年間のVN指数とS&P500
VNインデックスとS&P500

ただしベトナム不動産に関しては残念な状況が続いています。▶ベトナムマンション、借主に天井を破壊されたり散々

主な保有銘柄の騰落率

ナスダック100、S&P500ともに好調でした。

eMAXIS Slim 米国株式は月間+7.15%で、これは2月に次いで今年2番目に大きい上昇幅です。

ベトナム株ETFのFUESSV50(円換算)は6.34%とこちらも上々です。

ベトナム経済はロックダウンによりホーチミン市を中心に壊滅的打撃を受けましたが、店内飲食解禁などで少しずつ経済復興が進んでいます。

関連記事▶2ヶ月ぶりにスーパーで買い物しました

資産推移

前月比約107万円の大幅プラスで史上最高値となりました。

12ヶ月前と比べて34.6%資産が増えていますが、全世界株式(円換算)は同期間で47.9%上がっているので、私のポートフォリオはむしろショボいです。

今後の展望

今後もほったらかし投資を継続します。

米国株(S&P500)はここ1年間で+52.73%(円換算)の爆上げですが、2022年予想PERは20.86倍という「やや高い」程度の数字なので焦って動く必要はありません。

ベトナム株(VN指数)もロックダウンの爪痕が残る中で史上最高値を更新しましたが、バフェット指数は80%未満であり長期的には上昇余地を残しています。

関連記事▶ベトナム株ではバフェット指数が重要な理由

自己紹介

宮内健吾(仮名)、29歳の時に資産たったの1500万円でセミリタイア。

少々の労働収入と投資収入でベトナム生活を満喫していたところ、コロナ禍で仕事を失い暗転。

詳しくはプロフィールをお読みください。