ベトナム・ホーチミン市二人暮らし生活費2021年8月

アドブロッカーなどを使用している場合、画像が表示されないことがあります。

8月の二人暮らし生活費まとめです。

厳格なロックダウン下で生活費はどうなったかご覧ください。

ホーチミン市二人暮らし生活費

項目 支出(円)
食費 12,941
電気代 3,062
家賃・管理費 2,969
雑費 2,862
合計 21,834

※1円=210ドンで計算。

食費:12,941円

今月は主に備蓄食料で食いつないだことと、彼女の母親から食料支援があったことで食費が抑えられました。

しかし流通コスト高騰により、食料品価格は確実に上がっています。

中サイズの玉ねぎが以前は1個24円(5,000ドン)程度でしたが、今は48円(10,000ドン)と倍に高騰しています。

玉ねぎ

豚肉も100g当たり71円(15,000ドン)程度だったのが今は100g当たり95円(20,000ドン)前後になっています。

食料品価格上昇の一例
✔ 玉ねぎ
5,000ドン ▶ 10,000ドン (+100%)
✔ 豚肉
15,000ドン ▶ 20,000ドン (+30%)

 

この価格上昇はベトナム人家庭にはかなり重くのしかかっていることでしょう。

失業者の増加のみならず物価でもロックダウンの弊害が出ています。

電気代:3,062円

この時期サイゴンは涼しいので、エアコンをほとんどつけませんでした。

ベトナムは一年中暑いと思っている人がたまにいますが、8月のサイゴンは雨期であり、朝晩などは水シャワーだと寒いレベルです。

水シャワー

家賃・管理費:2,969円

都心のヘム(路地)にある安アパートから、郊外の自己所有マンションに戻ってきました。

密集度が高くクラスターが発生しやすいヘムの住居と比べて、マンションのほうが安心できます。

関連記事▶アパートを引き払いました

スマホ通信費: 0円

2月にMobifoneの「30日間5GB」で年間たったの50万ドン(2,381円)というプランを契約したので、来年1月まで4G通信にかかる費用は0円です。

詳しくはこちら▶ベトナムのSIM、Mobifoneのおすすめプラン・設定・買い方についてまとめ

合計:21,834円

今月は2万円台で収まりました。

帰属家賃を考慮しても5万円以下です。

ロックダウンで食料品価格は上がっていますが、どこにも行けず家でオリンピックや甲子園を見て過ごすしかないので生活費は非常に低くなっています。

自己紹介

宮内健吾(仮名)、29歳の時に資産たったの1500万円でセミリタイア。

少々の労働収入と投資収入でベトナム生活を満喫していたところ、コロナ禍で仕事を失い暗転。

詳しくはプロフィールをお読みください。