【タイ】チェンライの少数民族(アカ族)の村でホームステイしました。奥さんは日本人。

アカ族ホームステイ

先日タイ北部(チェンマイ-チェンライ)を旅行した際に、アカ族の家庭にホームステイしてきました。

ホームステイ先の探し方

アカ族.comのデンイチさんに紹介して頂きました。

本来はデンイチさんもホームステイを受け付けていますが、現在は娘さんの日本留学に付き添って帰国中とのことです。

宿泊費

1泊700バーツ(3食付)

場所

チェンライからチェンマイへ向かう道を車で40~50分行ったところに村があります。

バスで行くと30~40バーツだそうです。

私はチェンライでバイクをレンタル(1日200バーツ)して行きました。

アカ族家庭の家族構成

⚫奥さん:のぶこさん(大阪人)

話好きの大阪のおばちゃんという感じの方です。

普段、日本語での会話相手は娘のアミちゃんしかいないので、日本語会話に飢えているようです。

一時期流行った「世界こんなところに日本人」的な番組で取材が来たこともあり、頼めばそのDVDを見せてもらえます。

⚫旦那さん:ティーさん(アカ族)

50歳を超えていますが筋肉質の山の男です。

「ジムなんか行かなくても山仕事で鍛えられるんだよ」と言っていましたが納得です。

以前は国連で働いていたインテリでもあります。

⚫娘さん:アミちゃん

ある意味一番インパクトがあるのがアミちゃんです。

現在6歳ですが、タイ語と日本語は完璧でアカ語・英語も勉強中です。

そして普通の6歳児の3倍ぐらい元気です。

⚫犬2匹と猫1匹

犬2匹は母子です。

子どものほうはすぐなつきますが、母犬はあんまりうちとけてくれません。

アカ族ホームステイ犬と猫

<

アカ族猫

食事

料理はのぶこさんが作るので基本的に日本の家庭料理です。

しかしタイの食材のみで料理するのでちょっと異国っぽいような、面白い味わいとなっています。

また、自宅でパイナップルを育てているのでデザートとおやつは常にパイナップルです。

無農薬なので街中で売っているパイナップルとはジューシーさが違います。

パイナップル好きの私には天国でした。

ただし、パイナップルは育てるのに手間が掛かるということで、来年は数を減らすそうです。

生活スタイルなど

水道は通っていますが度々断水します。

電気もありますがあまり使わず、日没後は懐中電灯を使用し夜8時に就寝し、朝5時に起きます。

WiFiはありませんが、AISの4Gは街中と同様に使えました。

Trueなどはどうかわかりません。

トゥッケーに起こされる

朝3時ぐらいにトゥッケーが大きな声で鳴いて起こしてくれます。

私はここに来るまで存在を知らなかったのですが、トゥッケーはヤモリの一種で「トゥトゥトゥトゥ、トゥッケー」と鳴きます。

私は最初聞いたとき人間か鳥だと思ったのですが、まさかの爬虫類でした。

チェンライではマスコットキャラクター的扱いで、ぬいぐるみや置物をよく見かけます。

▼トゥッケー人形
トゥッケー

アクティビティなど

こちらのホームステイでは山の暮らしを体験するアクティビティなどもセットです。

蚊が多いので長袖、長ズボンを用意したほうが良いでしょう。

虫除けクリームは汗で流れるので効果がないです。

脱穀

脱穀機アカ族

博物館などで見かける人力脱穀機です。

ペダルのように踏んで動かすのですが、500回以上踏むのでいい運動になります。

ティーさんは週3,4回やっているので下腿三頭筋が発達しています。

竹を切る

アカ族竹カット
▲こういう建築材などに使うための竹を切ります。

等間隔で竹に切り込みを入れる必要がありますが、これが難しい。

ティーさんがやるとカパカパ切れるのに私がやると何故か切れない…。

今まで「竹でできた家」とか見ても「ふーん」としか思っていませんでしたが、いかに大変かこの体験でわかったので今後は全力で感動します。

竹コップ作り

アカ族竹カップ

竹をちょうど良い高さに切り、表面を切り落としコップにします。

私がやるとまともな形にならないので95%ティーさんが作りました。

切った直後はサトウキビのような匂いがして、すぐに蟻がよってきます。

これを抜くために2週間水に浸ける必要があるということで、今も浸けているところです。

ちなみに日本では1個756円(税込)で売られていたりするようです。

Akha Viewでコーヒー豆加工体験

これはホームステイのアクティビティではないのですが、ホストファミリーと一緒に行ったのでここに掲載します。

チェンライから50キロ以上離れた山奥にあるカフェです。

ここではコーヒー豆の焙煎と粉砕を体験し、その場で飲ませてもらえます。

▼ロン毛の兄ちゃん(アカ族)がコーヒーを煎れてくれます。
アカビュー

▼良い景色を眺めながらマイコーヒーを飲める贅沢を味わえます。
アカ族コーヒー

公共交通期間で訪れるのはまず無理ですが、自動車かバイクで旅行する方はぜひ寄ってみてください。

クンコン滝を訪れる

ここはチェンライ付近ではメジャーな観光地です。

入口から30分ほど歩いた先に滝があります。

雨季ですが今年は雨が少なく、本来はもっと水量が多いそうです。

クンコン滝

クンコン滝

クンコン滝

まとめ

<

他にもいろいろと体験させていただきました。

ネタバレ防止のためここには書けないサプライズ的なのもありました。

チェンライで2,3泊する予定なら1泊はこちらに滞在することをオススメします。

宿泊希望の方はこちらまで▶https://www.facebook.com/nobuko.sumida



自己紹介

20代で死ぬほど働いて1500万円貯めてセミリタイア。

現在は少々の労働収入と投資収入でベトナムを拠点に生活しています。

詳しくはこちらの記事をお読みください。