ビザラン計画:スリランカ18泊19日の旅~ホーチミンから片道100ドルで行けるスリランカで物価や治安を調査してくる

2019年3月2日

4月にベトナムビザが切れるので、ビザランでスリランカへ行ってきます。

データを見る限りは物価が安くて過ごしやすそうです。

なぜスリランカ旅行か

4月にベトナムの3か月ビザが切れるので、いったんベトナム外へ出る必要があります(ビザラン)。

ビザ延長もできるらしいですが、別にそこまでベトナム大好きでもないし、元々バックパッカーなので定期的に旅行欲が高まってくるため、ビザが切れるタイミングで数週間の旅行をすることにしています。

ビザランという目的を達成するだけならカンボジアやタイでもいいのですが、その辺は何度も行ってるので、

「行ったことがない国で安く渡航できる国」

という条件で探したところ、スリランカが浮上しました。

スカイスキャナーで検索すると、エアアジアのバンコク乗り換えコロンボ着が片道たったの100米ドル。

これを逃す手はないと、即決でチケット購入しました。

100米ドルは底値っぽいですが、ホーチミンからなら1万円台前半の日は結構あるようです。

スカイスキャナーでスリランカ検索

スリランカの物価

貧乏セミリタイア民として一番気になるのが物価です。

一人当たりGDPからざっくり物価を予想できます。

スリランカの1人当たりGDPは4,265米ドル。

ASEAN各国と比べるとこうなります▼

スリランカGDP比較

一番近いのはインドネシアで、ベトナムより1.6倍ぐらい高いです。

ただ、1人当たりGDPが2,000ドルぐらい高くても物価は大して変わらないので、スリランカの物価は東南アジアレベルと推測します。

ブッキングで検索すると、首都コロンボでも10米ドル以下の安宿が多数ヒットするので、安宿難民に陥るということもなさそうです。

スリランカでやること

正直言ってスリランカに何があるのか全く知りません。
割と近年まで内戦してたぐらいの知識だけです。

旅の記念に銀行口座開設してみようかと思いましたが、観光ビザでは開設できない模様。

物価・治安・食事などを含めた総合的な過ごしやすさを調査し、良かったらセミリタイア居住候補地に加えます。

というか最近はどこに行っても

「住みやすいかどうか」

という視点で滞在しています。

現在、ベトナム以外の居住候補地は

タイのトラート▼

インドネシアのバリ島▼

などがリストに入っております。

スリランカがここに割って入るか楽しみです。



自己紹介

20代で死ぬほど働いて1500万円貯めてセミリタイア。

現在は少々の労働収入と投資収入でベトナムを拠点に生活しています。

詳しくはこちらの記事をお読みください。