クレジットカード付帯海外旅行保険を延長する裏技をやってみた

リクルートカードの海外旅行保険は有能

海外にいる時の保険は、クレジットカードに付帯する海外旅行保険で賄っています。

通常、クレジットカード付帯の海外旅行保険は90日までですが、延長できる裏技があります。

こちらのサイト▼で知りました。
リクルートカード海外旅行保険の注意点←海外生活者の観点から

非常に有益なサイトですが、情報量が多すぎて読むのがめんどいという方のためにまとめると、以下の通りです。

▼クレジットカード付帯海外旅行保険を延長する方法
⚫リクルートカードは「カードを利用してから90日間が保険対象」
⚫なので、日本出国から90日経過するあたりでリクルートカードを使う
⚫利用対象は「飛行機・バス・電車・タクシーなどの交通費」

具体的にベトナムで使う場合、去年までは配車アプリのGrabにクレジットカードを登録するのが手っ取り早かったのですが、Grabは今年からベトナム外発行のクレジットカードは登録できなくなりました(BeやGo-Vietでも同様)。

航空券購入などでもクレジットカード払い出来ますが、都合よく旅行の予定があるとは限りません。

ということで現時点で使いやすいのはタクシーでしょう。

ビナサンタクシーでクレジットカード払いしてみた

うっかり日本出国から90日経過してしまったので、付帯条件適用のためタクシーを利用してみました。

幸い、私はバックパッカーエリアに住んでいるので、タクシーはそこらじゅうで待機しています。

暇そうなVinasunタクシーがいたので聞いてみるとクレジットカード利用可。

早速乗車し、数メートル移動してメーターが動き出したところで停車してもらいました。

料金は12,000VND(57円)。

これで保険90日分貰えるのだから安いものです。

ちなみにベトナムではクレジットカード払いの際、暗証番号を入力し、なおかつサインも要求されます。

コンビニやカフェなどでもこのアホみたいなシステムです。

ベトナムタクシーの注意点

ドライバーがクレジットカード端末に運賃を入力しますが、当初「120,000」と誤入力(わざと?)。

指摘すると「ソーリーソーリー」と言いながらすぐに直してくれましたが、ベトナムドンに慣れていない短期旅行者などはうっかり一桁多く払ってしまってもおかしくないですね。

この点は要注意です。

まとめ

タクシーでリクルートカードを使うことで、海外旅行保険適用となりました。

ちなみに、海外居住者でも問題なく日本発行クレジットカード付帯の海外旅行保険の対象となります。

私も実際に何度か保険申請し、保険金を頂いています。

ベトナムでデング熱になって入院したときの治療費・日数

ベトナムのローカル診療所で狂犬病ワクチンを打った話



自己紹介

20代で死ぬほど働いて1500万円貯めてセミリタイア。

現在は少々の労働収入と投資収入でベトナムを拠点に生活しています。

詳しくはこちらの記事をお読みください。