ベトナムの証券会社でオススメはVCSC

2019年8月21日

ベトナム個別株に投資している日本人はSBI証券を利用している方が多いかと思いますが、SBI証券のベトナム株取引はコストが非常に高いです。

SBI証券のベトナム株取引は為替手数料が高い

SBI証券では為替手数料として、市場レートに10,000VND当たり2円が加算されます。
10,000VNDは現在47円ぐらいなので、手数料率で往復約8%となります。

売買手数料も2.16%(往復4.32%)と、かなり高めです。

簡単に言うと、SBI証券でベトナム株取引を始めた時点で10%の含み損みたいなもんです。

ベトナム現地証券会社の場合、ぐっと安くなります。しかしここでもよく選ばないと高いコストを払うはめになります。

VNダイレクト証券は口座維持費が高い

有名どころは日本語が通じるVNダイレクト証券ですが、ここは以下のコストが掛かります。

⚫口座開設費 100$
⚫口座維持費 180$/年
⚫購入手数料 0.15%
⚫売却手数料 0.25%

口座維持費で180$はかなりキツイですね。

VCSCは口座維持費が無料

私が利用しているのは

Viet Capital Securities Joint Stock Company(VCSC)

です。
VCSCのコストは、

⚫口座開設費 無料
⚫口座維持費 無料
⚫売買手数料 0.4%(1億VND以下の場合)

となっています。
VCSCの利点は「支店に行けば全部手続きをやってくれる」ということです。
当初はWEBサイトから手続きしようとしたのですが、なんだかよくわからないので、アポなしでハノイの支店に行ってみたところ、「じゃあ今から手続きに行こう」と、パスポート証明書や投資用口座開設に同行してくれました。
私は役所への手数料を払ってサインするだけでした。

私が行ったときたまたま暇だったのかもしれないので、日本からアポなしで行くのはお勧めしません。
また、金融関係の法律は頻繁に変わるので、口座開設の要件や必要書類が変わることもあります。
「せっかくベトナムに行ったのに口座開設できなかった」
と言われても私は責任とりませんのでご了承ください。
なお、頻繁に売買する人はVNダイレクトのほうがコストが低く済むので、自分の投資スタイルから予想コストを計算してみてください。

参考記事▶ベトナム証券会社ランキング、取引手数料比較表



自己紹介

20代で死ぬほど働いて1500万円貯めてセミリタイア。

現在は少々の労働収入と投資収入でベトナムを拠点に生活しています。

詳しくはこちらの記事をお読みください。