2019年2月ホーチミンでのセミリタイア生活費~地獄の2月を4万円台で乗り切る

2019年3月4日

早くも2月が終わったので、月間生活費を公開します。

ベトナムの2月はテト・お年玉・新年会・バレンタインと、貧乏人を殺すイベントが多発する月です。

そんな地獄の2月の家計簿をご覧ください。

2019年2月のベトナム・ホーチミンでの生活費

項目 支出額 1日平均
食費 7,918円 283円
交通費 2,100円 75円
雑費 4,110円 147円
娯楽費 3,757円 134円
宿泊費 30,333円 1,083円
合計 48,218円 1,722円

※1円=210ドンで計算

食費

⚫7,918円:1日283円

かなり低めの数字になりましたが、これは宿で夕食が出るからです。

宿で18回食べたので、それを自分で払った場合で計算すると1日平均375円になります。

また、テト期間中は安食堂や屋台が閉まるので、昼食はポップコーン(24円)・カップ麺(52円)などのおやつ・軽食で済ませているうちに

「あれ? 昼飯ってあんまり食べなくてよくね?」

と気付き1日3食をやめて1日2.5食という食生活になり、食費を押し下げました。

交通費

⚫2,100円:1日75円

ベトナムの埼玉ことビンズオンを行ったり来たりしたので、交通費の7割はホーチミン-ビンズオン間の移動です。

最安コースだと片道143円ですが、バスに乗り遅れてGrabバイクで行ったり(867円)して余計な出費となりました。

ホーチミン内の移動は100円以内ならGrabバイクを使い、それ以上ならバス(29円)で行きます。

2月はGrabで

「電子マネー(Grab pay by Moca)チャージで10回無料」

という貧乏人歓喜のキャンペーンがあったので、238円(5万ドン)だけチャージして無料ライドをフル活用しました。

雑費

⚫4,110円:1日147円

1,757円がテト(旧正月)のお年玉(Li xi)です。

テト期間中に友人らは皆、旅行や里帰りで居なかったため、あまりお年玉を渡さずに済みました。

娯楽費

⚫3,757円:1日134円

1,333円が喫茶店代でした。

コーヒーは140円前後が標準です。

ベトナムコーヒー

▲The Coffee Houseのコーヒー(138円)は氷がコーヒーで出来ているのでオススメ。長時間粘っても美味しく頂ける貧乏人に優しい仕様。

.

ベトナムのバレンタインは親しい女性に花をあげる日なので、女友達に花とぬいぐるみセットを1個買ってあげました。429円

テキスト

▲バレンタインデーには即席ビジネスとして、花を仕入れて道端で売る人々がいます。

合計

⚫48,218円:1日1,722円

地獄の2月ですが5万円未満で収まりました。

去年の2月はアパートに住んで36,627円だったので、今年もアパートを借りれば生活費を3万円台まで下げられると思いますが、アパート暮らしもデメリットがあるので当面は安宿で生活します。

予定では1日1,862円なので、ひとまず2月は目標達成です。

3月の出費イベントは3月8日国際女性デー(女性に花を贈る)ぐらいなので、今月と同程度の出費に収まるでしょう。



自己紹介

20代で死ぬほど働いて1500万円貯めてセミリタイア。

現在は少々の労働収入と投資収入でベトナムを拠点に生活しています。

詳しくはこちらの記事をお読みください。