ベトナム二人暮らし生活費2022年3月

彼女と二人暮らししている貧乏FIRE民の3月生活費まとめです。

ホーチミン市二人暮らし生活費

項目 支出(円)
自炊費 12,518
外食費 10,050
雑費 6,338
電気代 1,040
パソコン・家電 106,564
家賃 0
合計 136,511

※1円=195ドンで計算。

自炊費:12,518円

このブログのアクセスの7割は日本からなので念のため言っておきますが、この金額はベトナムでもかなり低いです。

これほど低いのは、毎日自炊かつ2人とも2食しか食べないからです。

外食メインだとこの金額では絶対に収まらないので、

ベトナムってそんなに物価安いのか

と勘違いしないようお願いいたします。

▼Otto16枚切り・450gで113円(22,000円)
ベトナム食パン

よくOttoの食パンを買っています。

1枚7円なので、サンドイッチの材料として貧乏生活の柱になっています。

バナナジュース

安くて腹持ちが良いことでオススメなのがバナナミルクです。

1杯コスト32円(6,250ドン)ぐらいで満腹感あるので、昼時に小腹が空いたときに飲んでいます。

ドラゴンフルーツイラスト

元々安いドラゴンフルーツが最近さらに安くなっています。

中国が輸入停止したため、相場が暴落しているそうです。

参考→ドラゴンフルーツ値崩れで栽培中止続出、中国の輸入停止が影響(Vietjo)

▼1キロ31円(6,000ドン)まで暴落したドラゴンフルーツ。
ドラゴンフルーツ

1個500gとすると1個あたり15円という激安フルーツになっています。

栄養豊富で安くておやつにうってつけなので毎日食べています。

なお、追熟できないという性質上、日本で売っている輸入ドラゴンフルーツは味が薄くて全然おいしくないそうです。

外食費:10,050円

今月はPizza 4P’sに行って2人で4,697円(91.6万ドン)使いました。

▼Pizza 4P’sのPetit Mozza Sushi
Petit Mozza Sushi

その帰り、ショッピングモールに寄ったときにコロナに感染した気がします。
関連記事→同棲彼女がコロナに感染しました。私は超濃厚接触者に

たまに近所のローカルレストランでも食べます。

▼豚肉withごはん Cơm tấm sườn 231円(45,000ドン)
ベトナム豚肉

▼豚肉のせライスヌードル Bún thịt nướng 231円(45,000ドン)
豚肉のせライスヌードル

雑費:6,338円

コロナ用に抗生物質を買わされたのが無駄な出費でした。

関連記事→我が家のコロナ騒動終結とベトナム薬局の闇

電気代:1,040円

節電

電気代は彼女が払っているので、ずっと記載するのを忘れていました。

エアコンは一切つけず、夜も薄暗い明かりで生活しているので電気代が極めて低くなっています。

パソコン・ロボット掃除機:106,564円

MSIのノートパソコンを買いました。

MSI Ryzen5 5500U RAM16GB 80,974円(1579万ドン)
msiノートパソコン

おかげで作業効率が上がってブログ更新頻度が高くなりました。

関連記事→ベトナムでパソコンを買うとその場で開封の儀をしなくてはいけない理由

ロボット掃除機も買いました。

▼Xiaomi VACUUM MOP SKV4093GL 25,590円(499万ドン)
ロボット掃除機

部屋のオーナー(彼女の親戚)が

毎日掃除機かけてくれ

と言うので

めんどくせえ…
彼氏にやらせよ
めんどくせえ…
ロボットにやらせよ

ということで買いました。

吸い込みのみならず雑巾掛けもしてくれるのでダラケ生活が捗ります。

▼DreameはXiaomi傘下のメーカーです。

家賃:0円

彼女の親戚のマンションに住んでいるので家賃出費なしです。

関連記事▶ホーチミン市で私が買ったコンドミニアムを紹介します

合計:136,511円

パソコン・ロボット掃除機の出費を除くと29,947円でした。

帰属家賃を含むと6~7万円といったところです。

今月は彼女のコロナ感染という突発イベントが発生しましたが、大事には至らず幸いでした。

私が感染して万が一ECMO治療にまで発展すると、資産の半分ぐらい失う事態になる可能性もゼロではありませんでしたが、重症どころか発症すらせず終わったのは幸運という他ありません。

関連記事→底辺FIRE民の医療保険問題

自己紹介宮内健吾(仮名)、29歳の時に資産たったの1500万円でセミリタイア。

少々の労働収入と投資収入でベトナム生活を満喫していたところ、コロナ禍で仕事を失い暗転。

詳しくはプロフィールをお読みください。