金利8.65%! ベトナムのSCBで銀行口座開設できました2019年版

2019年4月7日

このブログではベトナムの高金利銀行としてSCBをプッシュしてきましたが、私がSCBで口座開設したのは2015年なので、現在でも外国人が口座開設できるか確証はありませんでした。

しかし先日、短期旅行で来越した知人がSCBに口座開設したいということで同行してみたところ、あっさり口座開設できました。

本記事ではSCBで口座開設するに当たっての手続きや注意点を紹介します。

SCBとは

SCBは正式名称はベトナム名NGÂN HÀNG THƯƠNG MẠI CỔ PHẦN SÀI GÒN、英名Saigon Commercial Bankです。

日本語ではサイゴン商業銀行と訳されることが多いです。

タイに同じ略称の銀行がありますが、あちらはSiam Commercial Bankであり、ベトナムSCBとは無関係です。

また、ベトナム国内でもSaigon Bankという銀行があったりACBと間違われたりしてややこしいことになっています。

ですがSCBは資産総額国内5位の大手銀行です。

また、VNR500(ベトナムトップ500企業)ではテコムバンクなどを抑え銀行部門6位に入っています。

ちなみにベトナムの街中で注意して見ると、SCBロゴのヘルメットを被っている人が多いことに気がつくはずです。

SCBは企業規模の割に知名度がイマイチなので、ノベルティ配布に力を入れているようです。

私もレインコートを貰ったことがあります。

SCBは高金利

SCBは表向きは定期預金金利8.00%ということになっていますが、モバイルバンクでは12か月定期預金8.65%に設定されています(2019年3月のデータ)。

SCBの金利

▲看板では8.00%だが、実際には8.65%。

同格の銀行であるテコムバンクやサコムバンクが7%台の金利設定ですので、SCBは非常に金利が高いと言えます。

SCBは旅行者や非居住者でも口座開設できる

SCBは2019年3月現在、外国人旅行者・非居住者でも口座開設が可能です。

但し、店舗や担当者によっては断られる可能性もあります。

キッチリと決まったルールの元で手続きが厳格に行われる日本と違い、担当者の一存でガラリと対応が変わるお国柄ですので、運次第で口座開設できない場合もあるということをご理解ください。

SCB銀行口座開設手順

口座開設に必要なもの

⚫パスポート
⚫ビザ(1か月観光ビザでOK、ただしE-Visaは不明)
ビザは通常の観光ビザ(1か月ビザ)で大丈夫ですが、E-Visaで開設できるかは不明です。

Timo銀行のサポートは「E-Visaは不可」という回答を出しているので、SCBもE-VisaはNGの可能性があります。

E-Visaも普通のビザも大して費用は変わらないので、普通のビザを取っていくことをオススメします。

▼3か月ビザについての記事ですが、1か月ビザでも同様です。


⚫ベトナムの携帯電話番号(SMS送受信できるSIM)
電話番号はワンタイムパスワードの受信などに使うので非常に重要です。

日本のAmazonなどで売っている短期旅行者向けのベトナムSIMはチャージできない使い捨てなので、銀行登録には不向きです。

SIMはベトナムに来てから入手するほうが良いでしょう。

口座開設手続き

手続きは極めて簡単です。

口座開設したい旨を伝えると、下記の3点を伝えるよう言われます。

⚫日本の住所
⚫ベトナムの住所
⚫ベトナムの電話番号

ベトナムの住所はホテルの住所で問題ありません。

上記3点のメモとパスポートを渡します。

この時モバイルバンキングを開設するか聞かれるので、開設を選択します。

インターネットバンキングというものもありますが、モバイルバンキングとの使い分けがよくわからないので開設しなくてもいいでしょう。

以上の情報を元に行員が書類を作成するので、それにサインし、窓口で口座番号を受け取るだけです。

キャッシュカードの手続き

日本では口座開設とキャッシュカード発行がセットだと思いますが、ベトナムでは基本的にはカードが必要な場合はその旨を伝えないと発行してもらえません。

また、カードを発行する場合受け取りは1週間ほど後になるので、短期旅行者は注意が必要です。

モバイルバンキングのパスワード

モバイルバンキングのログインパスワードは登録電話番号にショートメールで送られます。

SCBモバイルバンキング

▲オレンジ色で塗りつぶした部分にパスワードが記載されている。

初回ログイン時にパスワード変更画面が出るので、そこで任意のパスワードに変更します。

SCBで口座開設する際の注意点

⚫窓口で定期預金を組まないこと。

定期預金を組む場合、窓口での金利よりモバイルバンキングでの金利のほうが良いので、窓口では普通預金に入金するだけにしましょう。

定期預金はアプリで簡単に設定できます。


⚫SIMはSMS送受信可能・チャージ可能なものを用意すること。

モバイルバンキングを利用する際、送金・定期預金解約・ログインパスワードの変更などはSMSでワンタイムパスワードを受信して行います。

よって、SIMが利用不可にならないよう定期的にチャージする必要があります。

しかし、日本で売っているベトナムSIMは短期旅行者向けでチャージできない使い捨てのものがあります。

そういったSIMの番号でSCBに登録してしまった場合、期間が過ぎるとワンタイムパスワードの受信ができなくなるので、電話番号を変更するために支店に行く必要があり、二度手間です。

ですので、チャージ可能なSIMの電話番号で口座開設しましょう。

チャージはSCBのアプリでできます。

なお、ワンタイムパスワードが受信できなくなった場合でも、前もって指紋登録しておけば指紋認証で代用可能ではありますが、使用できなくなった電話番号を登録したままにするのは健全な状態とは言えないため、オススメしません。

⚫SMSをベトナム国外で受信できるようにすること。

上記に関連して、日本などのベトナム国外からワンタイムパスワードを受信できるよう、ローミング設定をしておく必要があります。

MobifoneではSMSで999に「DK CVQT ALL」と送れば設定完了です。

この設定はベトナム国外ではできないので、ベトナム滞在中に済ませておきましょう。

手数料

⚫モバイルバンキング口座維持費:16,500VND/1か月
⚫キャッシュカード発行費:55,000VND
⚫キャッシュカード年会費:50,000VND
⚫SCB ATM利用料:無料
⚫他行ATM利用料:3,300VND/1回

手数料は口座から自動的に引き落とされます。

定期預金はアプリで組める

普通預金口座にお金があれば、アプリで定期預金を組めます。

ですので、一度口座開設してしまえばベトナムに行かなくても、日本にいながらにして国際送金でSCBの預金口座に入金し定期預金を組むことが可能です。

まとめ

高金利銀行SCBでの口座開設は非常に簡単で、行員も愛想が良く好印象でした。

注意点おさらい
⚫使い捨てではないSIMを用意する
⚫定期預金はモバイルバンキングで組む
⚫SIMの国際ローミング設定をする
⚫電話番号が消滅しないよう、定期的にチャージする

.



自己紹介

20代で死ぬほど働いて1500万円貯めてセミリタイア。

現在は少々の労働収入と投資収入でベトナムを拠点に生活しています。

詳しくはこちらの記事をお読みください。